最新ランキングをチェックしよう
近大工2季ぶりV47 結果待ち“ドキドキ”も

近大工2季ぶりV47 結果待ち“ドキドキ”も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19

広島六大学野球で、勝てば優勝が決まる広経大が4-5で広島大に敗れたため、勝ち点4で並んでいた近大工が勝率で上回り、2季ぶり47回目の優勝を決めた。近大工は29日に明治神宮野球大会(11月11日開幕)の中四国代表決定戦に出場。広島大戦に先発したドラフト候補の広経大・尾仲祐哉投手(4年・高稜)は、6回6安打5失点で敗戦投手となった。 待つ身は祈ることしかできない。近大工の大田佳祐主将(3年・南陽工)は

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
滋賀学園に菊池がいた!? 中西二塁手が好守連発
ロッテ・細谷が軽度の脳震盪 25日の試合でフェンスに激突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加