【ウインターカップ2017 コラム】U16日本代表候補は1年生ながら40分間フル出場。東山撃破に大きく貢献(星川堅信/洛南)

  • J SPORTS
  • 更新日:2017/12/08
No image

中学時代から将来性を買われている星川堅信を見たのは、6月に中国の東莞で行われたNIKEオールアジアキャンプ。しかし、言葉の壁と慣れない環境もあり、なかなか自分の持ち味を発揮できないまま時間が経過していく。チームバスケットを重視する洛南と大きく違い、星川は自分をアピールするためのプレーを必要とされるキャンプに参加していたのがその要因。とはいえ、キャンプで過ごした時間を決して無駄にしたわけではない。それは、キャンプ後に話してくれた次の言葉でも明らかだ。

「周りから(話を)聞いていて、パスをしたら返ってこないといったことを言ってくれていた。僕もそうしようと思っていたけど、やはりなんか自分で攻めるという気持ち、こういうのが自分で攻めるんだなということが周りの選手を見てわかった。自分のチームにはコンセプトがあって、フリーの選手にパスするというのがあるんですけど、自分をもっと出して行きたいと思います」

NIKEオールアジアキャンプでの経験、U16代表の合宿、インターハイ予選以降の練習や試合の中で、星川は自分の強みを出せるように努力してきた。「練習ではもっとトライして自分の能力を上げることはもちろんだけど、バスケットはチームで打開しなければならない部分と個人で打開しなければならない部分の両方がある。個人で打開するための練習を練習の中でどんどんやりなさい、もっとチャレンジしなさいと言っているつもり」という𠮷田裕司コーチの後押しもあり、ウインターカップ出場をかけた東山戦でその成果が出たのである。

190cmのオールラウンダーである星川は、数々の名選手を輩出した洛南で1年生ながら先発の座をゲット。「比江島(慎:現シーホース三河、日本代表)くらいかな。比江島はたくさん使っていたと思うけど、何分使っていたか覚えていないな」と𠮷田コーチが語ったように、東山戦では1分もベンチに下がることなく40分間フル出場。2本の3Pシュートを含む6本のFGをすべて成功させての16点、チーム最高の7リバウンドを記録し、なかなか勝てなかった相手を倒すのに大きく貢献した。星川にとっては、洛南入ってからのベストゲームと認めたうえで、東山戦を次のように振り返る。

「インターハイ予選の時は結構緊張したんですけど、ウインター予選は勝てる自信もあって、その前の練習でもみんなで“徹底するところは徹底して”といい雰囲気だった。自分的にも体の調子も(シュートの)タッチもよくて、やってきたことが出せた感じでした」

洛南もU16も“サイズのある相手にどう戦うか”で類似している点で、星川の成長を助けた。吉田コーチに“なぜこんなプレーをしたのか?”と問われても、何もいえなかった入学当初と違って理由を説明できるようになるなど、状況判断の質が上がり、そのスピードも早くなっている。11月30日に練習を取材した際、周りが見えているからこそできるチームメイトを生かすプレーを何度か目にすることができた。

「練習では真面目ですし、負けたら誰よりも悔しがっている。1年生にしては肝が座っている。変なタイミングでシュートを打っても決めてくれる。心強いですね」と津田誠人が語れば、小西聖也も「僕らの中で信頼があるので、結構な戦力になっています」と話すように、星川が上級生たちからの信頼を勝ち取ったのは明らか。東山戦での大活躍はそのことを示すものであり、高校バスケットボール界で注目すべき選手としての第一歩を踏み出したと言えよう。

福岡大附大濠がインターハイを制したとき、NIKEオールアジアキャンプとU16代表で一緒にプレーしている横地聖真が素晴らしい活躍を見せた。「僕もウインターでやってやるぞって思いました。(U16代表の田中)力もA代表に呼ばれたので…」と話すように、星川は同世代の飛躍に大きな刺激を受けている。バスケットボールに取り組む姿勢は非常に前向きで、洛南入学当初にあった“練習が嫌だな”というのがなくなり、“今日は何をやろうか”と常に考えるようになった。NIKEオールアジアキャンプで「自分がちっぽけに感じた」という悔しさを糧に、星川はウインターカップで飛躍するだけでなく、チームの勝利に貢献することに強い意欲を持ちながら、毎日を過ごしている…。

================================================
高校バスケ ウインターカップ2017 全100試合生中継!
「涙」「きずな」「青春」さまざまな感動が交じり合う、冬のバスケの祭典!3年生最後の全国大会。

J SPORTSオンデマンドなら25歳以下の方は900円で視聴可能。
マルチ画面で最大4試合同時視聴ができる!
視聴申し込みはこちらから>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クラブW杯準決勝、レアルのスタメン発表! C・ロナウドら先発、主将ラモスは負傷欠場
広島が川崎を一歩リード!? チャナティップを超える“タイの国民的英雄”を獲得か
2G1Aの岡崎慎司、文句なしのMOM。と思いきや...英紙、別の選手を選出!?
FW不在の緊急事態...ケルン、超守備的姿勢でバイエルンに挑むも後半の1失点で13敗目
来年復帰の可能性も...4戦欠場の武藤嘉紀が抱えるジレンマ「無理するか、しないか」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加