最新ランキングをチェックしよう

【中山新馬戦】パシオン 5馬身差圧勝、菊川師は「強かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

中山4R新馬戦(ダート1200メートル、牝馬限定)は、4番人気トウカイパシオン(菊川、父ヨハネスブルグ)が初陣を飾った。
 3角前でハナを奪い切ると、そのまま後続を5馬身突き放す圧勝劇。菊川師は「強かったですね。芝を1回試してみてもいいかもしれない」と話した。次走は未定。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋祐也 覚せい剤通報現場に同席していた愛人は「元乃木坂46メンバー」
並列世界を旅する伝説的ゲームをアニメ化する「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」PV公開、往年のelfロゴから最新のアニメへ
玄関で傘干してたら......? 「うちの猫もたまにあります」傘猫画像が続々集まる
ずーっと妻だけ!夫が一途に想う「愛され妻」が欠かさずしている4つのこと
【裏切らない】NHK『みんなの筋肉体操』に続編の可能性キターーーーッ! ネットの声「やったぜ」「これのために受信料払ってる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加