最新ランキングをチェックしよう

【中山新馬戦】パシオン 5馬身差圧勝、菊川師は「強かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

中山4R新馬戦(ダート1200メートル、牝馬限定)は、4番人気トウカイパシオン(菊川、父ヨハネスブルグ)が初陣を飾った。
 3角前でハナを奪い切ると、そのまま後続を5馬身突き放す圧勝劇。菊川師は「強かったですね。芝を1回試してみてもいいかもしれない」と話した。次走は未定。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
大島由香里アナが小塚崇彦と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラ
ハックしてゲームを自由に追加できる「PlayStation Classic」のソフトウェア暗号キーは端末自体に保存されていた
研究室の机でスヤスヤと眠っていた猫。しかし、目の前にご飯が出されると超可愛い反応をして話題に!
人気ポルノサイト「Pornhub」で2018年を象徴するキーワードは「Fortnite」「Heitai」「クッパ姫」など
クロちゃん「モンスターハウス」新メンバー加入で急展開 キス・涙・衝撃の脱落者宣告も<水曜日のダウンタウン>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加