珍宣言!阪神D3・熊谷、お立ち台でサンドウィッチマンになる

珍宣言!阪神D3・熊谷、お立ち台でサンドウィッチマンになる

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/12

阪神からドラフト3位で指名された熊谷敬宥内野手(22)=立教大=が11日、東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約した(金額は推定)。宮城県出身の好青年は、矢野燿大2軍監督(48)の「しょうもないヒーローインタビューはするな」指令に応え、お立ち台でのギャグ披露を約束。お笑いコンビ、サンドウィッチマンの富澤たけし(43)のボケで、虎党の心をつかむ。

華麗な守備でファンを魅了し、あどけなさも感じさせる甘いマスク。そこに笑いのセンスが加われば、まさに“鬼に金棒”だ。仮契約を終え、プロ野球選手の実感が湧いてきた熊谷が、イケメンだけでなく、お笑いでも虎党をとりこにする。

「サンドウィッチマンの富澤さんの『ちょっと何言っているかわかんない』は友達とかで言っていましたね。(お立ち台でも)タイミングがあれば、やってみたいです」

ヒーローインタビューでのやりとりを想像し、ニヤリと笑った。インタビュアーからの質問に「ちょっと何言っているかわかんない」とボケをかませば、爆笑間違いなし。笑いに厳しい関西の阪神ファンもイチコロのはずだ。矢野2軍監督も「しょうもないヒーローインタビューはするな」と指令を出しており、熊谷の色も出せる。

しかも、富澤は仙台・南光台中の先輩。親しみもあり、同中の合唱コンクール時には全校生徒に向けて、富澤から「がんばってください」という手紙も届いた。お笑いの世界で大活躍する先輩のボケを借り、自分を売り込むというわけだ。

主将として立教大の野球部員を束ねてきたが、「ふざけたりもしています。変わってると言われますね」とおちゃめな一面もある。最近の阪神はベンチの盛り上げ役が不在。ムードメーカーとしても1軍の座を狙っていく。

もちろん、そのためには試合で活躍することが必須。守備には定評があるが、打撃面には課題があり、現在はバッティングを中心に練習中。「打撃の面で成長しないといけない」と力を込めた。

「日本を代表する遊撃手を目指したい。1日1日を大切に、『鉄人』と呼ばれるような存在になりたい」。2018年シーズン。金本阪神に新たな風を吹き込む選手になりそうだ。  (西垣戸理大)

熊谷 敬宥(くまがい・たかひろ)あらかると

★生まれと球歴 1995(平成7)年11月10日生まれ、22歳。宮城県出身。仙台育英高時代は2年夏、3年春夏に甲子園出場。立教大に進学し、今春は主将として全日本大学選手権で59年ぶりの日本一に導いた。2017年日米大学野球、ユニバーシアード日本代表。

★対戦したい投手 大学日本代表でチームメートだった、DeNAドラフト1位の東克樹投手(立命大)

★サイズと投打 1メートル73、70キロ。右投げ右打ち。

★尊敬する選手 鳥谷敬

★好きなお笑い芸人 吉本新喜劇の座長、小籔千豊。出川哲朗。「小籔さんはすごいおもしろいですし、出川さんはいい意味で尊敬しています。誰にもまねができない唯一無二の存在」

★仙台育英高でチームメートだった、ドラフト1位の馬場皐輔投手(仙台大)の印象 「スピードガンばかり気にしている。投げた後、スコアボードをすぐに見ていた(笑)」

サンドウィッチマン

グレープカンパニー所属のお笑いコンビ。1998年9月にコンビを結成し、2007年の「M-1グランプリ」で優勝。09年の「キングオブコント」準優勝。ともに仙台市出身で富澤たけしの「ちょっと何言ってるかわからないです」のボケに対し、ツッコミ担当・伊達みきおの「なんで何言ってっかわかんねえんだよ!」の掛け合いがコンビのネタの代名詞になっている。

No image

野球部マネジャーらに囲まれ、笑顔の熊谷(中央)。甲子園のお立ち台でも“笑魂”をみせる(撮影・須谷友郁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
オリックスが大和とFA初交渉 3年総額3億円...福良監督もサプライズ登場
今年も主力流出...?FA市場を盛り上げる日本ハム組
  • このエントリーをはてなブックマークに追加