鳥谷、二塁転向に最初「できるかな?」も...楽しみながら挑戦へ

鳥谷、二塁転向に最初「できるかな?」も...楽しみながら挑戦へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

全体練習前に特守を行う鳥谷

「阪神春季キャンプ」(15日、宜野座)

二塁コンバートが決まっている鳥谷敬内野手(36)が早出特守に臨んだ。遊撃に入った糸原、植田と交互に約40分間、久慈内野守備走塁コーチのノックを受けた。コンバートに対しては「最初、できるかな?という感じだった」と複雑な思いも抱えたというが、「楽しみながらやりたい」と前向きに取り組んでいる。

序盤は正面のゴロと一、二塁間のゴロを一塁へ送球し、中盤からは二塁送球を繰り返した。最後は3球連続のノックを3セット受け、華麗なグラブさばきを見せると、スタンドの観衆から大きな拍手が起きた。

90球を受けてミスは2度。二塁は13年WBCで守った経験もあり、今後に期待ができる動きだった。「まだ慣れるところまではいっていないけど、練習して、技術を上げられるようにしたい」と語る鳥谷。「最初、できるかな?という感じだったんですが、言われたからにはしっかりやりたい」と取り組んでいる。

「毎年挑戦」と語るベテランは「ポジションが変わるのは難しいですけど。逆に楽しみながらやりたい」と前向きに語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム・清宮が2打席連続四球「自分らしく打席に立てたかな」
カー女子銅メダル、歴史つくったリンドコーチの一喝
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
大谷、1被弾2失点デビューに収穫と課題!27日にもDHで打者出場
対外試合5戦負けなしヤ!燕・山田、6戦3発で完全復活の予感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加