日本のターボファンエンジンはまるで駄目!との主張に中国ネットは「日本を甘く見てはならない」「推力不足でも品質は中国より高い」

日本のターボファンエンジンはまるで駄目!との主張に中国ネットは「日本を甘く見てはならない」「推力不足でも品質は中国より高い」

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/10/19
No image

17日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のターボファンエンジンはまるで駄目だと主張する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2016年10月17日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のターボファンエンジンはまるで駄目だと主張する記事を掲載した。

記事は、2016年国際航空宇宙展で、日本のIHIがターボファンエンジン・XF7−10を展示したと紹介。このエンジンは、200億円をかけて日本の哨戒機用に設計されたもので、離陸時推力が6.1トンであるが、推力が小さいため4機のエンジンを搭載する必要があり、しかも4基のエンジンすべてが停止するというトラブルをおこしていると指摘した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本を甘く見てはならない」
「推力不足でも品質は中国より高い」
「それでも日本の基礎工業はしっかりしている」

「信頼性は重要だ。この点、日本の物は決して悪くない」
「駄目かどうかは試してみれば分かるだろう。いずれにしても中国はほらを吹くことしかできないけどね」

「日本は200億円で難易度の最も高い軍用エンジンを開発できるのか。中国の自動車メーカーはどうするんだ?」
「日本は200億円、16年でエンジンを開発した。中国は3000億元を使い45年かけても信頼できるエンジンを開発できない」

「自動車エンジンですら日本と比べることができないのに、飛行機のエンジンを比べられるのか?でもロケットエンジンなら中国は世界トップクラスだけどね」
「日本は進んでいるけれど、すべての面で進んでいるわけではない。中国に劣る面もある。例えば宇宙開発だ」(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「元慰安婦の証言は個人の経験、客観的でない」前駐韓日本大使の発言に韓国ネットが注目=「正しい意見だ」「必ず慰安婦合意を破棄する!」
韓国へは「上から目線」の中国 日本経済をどう見ているのか?
日本にとって核兵器の製造は「手の平を返すほど簡単」=中国報道
女子大生1000人以上のヌード流出で大騒動
部屋の内装に対する、日本と中国の考え方の違い そして技術の「差」=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加