「がっかり」発言の桜田大臣 きょうも“答弁迷走”

「がっかり」発言の桜田大臣 きょうも“答弁迷走”

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

がっかり発言を陳謝したばかりの桜田五輪担当大臣。14日は答弁が大迷走だ。

自分が大臣でいられるかどうかは任命した安倍総理大臣次第と話す桜田大臣。その安倍総理は13日、こう発言。
安倍総理大臣:「桜田大臣においてはですね…文部科学副大臣としてオリンピック招致に大変、ご尽力した一人。オリンピック担当大臣には適任」
ところが…。実は副大臣になったのは招致が決まった後だという。
無所属・今井雅人議員:「そもそも、きのう総理がこういう答弁をされた時に『これは違う』と訂正されるべきですよ。招致の時に自分が副大臣だったかどうか、忘れちゃったということですか?」
桜田五輪担当大臣:「副大臣であることは忘れておりませんが、副大臣になってからも副大臣になる前もオリンピックについては努力して参りました」
無所属・今井雅人議員:「『副大臣として招致に貢献』は間違いだということでよろしいですね?」
桜田五輪担当大臣:「間違っていないと思います」
14日も迷走した答弁となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田畑毅議員の地元秘書「連絡つかない。寝耳に水」 二階派&魔の3回生に何が起きた
杉田水脈議員、国会で「あっち行って!」と怒鳴り口論...片山さつき大臣、意外に人気な素顔
「多くの国民が怒り」“戦犯の息子”と韓国の議長
毎月勤労統計不正問題、NHK日曜討論でも繰り広げられた与党側の論点ずらし
経済政策を振り返れば、民主党時代は「悪夢」と言われて仕方なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加