目も耳も口も使えない、でも“ど強い”!江戸が舞台のバトルアクション「徳川の猿」

目も耳も口も使えない、でも“ど強い”!江戸が舞台のバトルアクション「徳川の猿」

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/11/12

藤田かくじ「徳川の猿(ましら)」1巻が、本日11月12日に発売された。「徳川の猿」1巻「徳川の猿」は江戸時代を舞台に繰り広げられるアクション。殺された父の仇討ちをするため江戸に出てきた少女剣士・鈴は、偶然居合わせた旅籠で、謎のテロ集団“天狗”と出くわしてしまう。命の危険にさらされた彼女を救ったのは、目も見えず耳も聞こえぬ、傷だらけの女戦士・月だった。彼女は天狗に対抗する徳川の闇組織“猿(ましら)”

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加