最新ランキングをチェックしよう
大ピンチ! 巨象・パナソニックを追い詰める「中国企業」の正体

大ピンチ! 巨象・パナソニックを追い詰める「中国企業」の正体

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/10/17

少し古い話になるが、2000年台前半、シャープの液晶を軸にした経営は「オンリーワン経営」ともてはやされた。主力の工場の名前から「亀山モデル」とも称賛されたが、過剰投資から経営危機に陥り、台湾・鴻海の傘下に入り、救済された。
パナソニックはこの液晶に対抗するため、プラズマに同じく過剰投資してしまい、これがたたって、結局、大きな減損処理に追い込まれたうえ、子会社のパナソニックプラズマディスプレイは20

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ワイドショーも言いたい放題!?AAA・浦田直也が“思い知るべき”現実
浜崎あゆみ、安室衣装に続き今度は倖田來未のグッズ......パクリ続きは“もうライブ興味なし”の暗示!?
もはや災害レベル。見ている方を気まずくさせる、模様と文字に不具合が生じたファッションスナップ
賢すぎるAI(人工知能)の指示通りに株を売買したら...衝撃の結果
蛯原英里、息子の写真にツッコミ「後頭部の髪の毛、薄っ(笑)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加