荒木由美子が37年ぶりの歌♪

荒木由美子が37年ぶりの歌♪

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/07
No image

義母の介護経験から講演活動が主体になっていたタレント・荒木由美子(57)が7日、都内で37年ぶりとなる新曲「私はブランコ/ありがとうはエンドレス」の発表会を行った。

83年に歌手の湯原昌幸(70)と結婚。しかし、挙式2週間後に義母・吉のさんが糖尿病で入院。さらにアルイツハイマー病になり20年介護した末の03年1月に他界。04年に介護記を出したことを機にこれまで約500回講演。会場で流す歌がないかと模索していた中で作品(詞もりちよこ、曲小原孝)にめぐりあったことから、歌手デビュー40周年のタイミングでレコーディングとなった。「最初、マイクってどう持つの?から始まって(笑)。もりさんから“歩いてきた40年があるから歌えるのよ”と言われて楽になり、夫も息子も無言で自宅での歌入れに協力してくれた」と話した。

「私は…」は人生をブランコにたとえた、幼児から年配者まで全世代向きの歌。「ありがとう…」は介護を題材に、子ども帰りした母の世話をする娘の胸中を歌っている。この日、「ありがとう…」の♪おかあさん…の箇所で涙ぐむ場面も。「自分の親とは16年しか一緒に暮らしてなかったのに、吉のさん(義母)とは20年。つい、思い出してしまいました。義母が一番喜んでいると思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
矢作兼、藤吉久美子不倫報道に苦言「太川さん信じるって言ってんのに最悪」
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
紅蘭、自宅バレの“原因”に鬼ギレ
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
インパルス板倉、高月収も「地獄は来年2、3月」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加