最新ランキングをチェックしよう
60年代に大流行したサイケドラッグのLSDは小さな麦畑から生まれた

60年代に大流行したサイケドラッグのLSDは小さな麦畑から生まれた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/10/19

by Sharon McCutcheon
LSD(リゼルグ酸ジエチルアミド)はは、1960年代のカウンターカルチャーで大流行した幻覚剤(サイケドラッグ)として知られています。しかし、元々は1930年代に医療用に合成されたもので、鎮痛剤や向精神薬として期待されていました。そんなLSDの歴史について、ドラッグ事情に詳しいライターのMike Jay氏がまとめています。
The Acid Farmers

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コロナで暴落した「日本株を買い漁る人たち」の悲しい末路
榮倉奈々“激ヤセ”した姿に心配の声「一瞬誰かと」「もっと食べて!」
鎖骨が綺麗に見える。ユニクロの「着痩せしすぎる」Tシャツ、790円で手に入るよ。
劇的変化:Wi-Fiの電波があまりに繋がらないので「Wi-Fi中継機」を導入したら約430倍もスピードアップしたって話
『カルディ』で提供中止中の試飲コーヒー その秘密に「知らなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加