時速167キロで一般道暴走 「ドリフト族」の男逮捕

時速167キロで一般道暴走 「ドリフト族」の男逮捕

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

男は一般道を時速167キロで走行していました。

坂本航容疑者(21)は去年10月、東京・江東区の東京港臨海道路で、法定速度を107キロ超える時速167キロで車を走らせた疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、坂本容疑者は交差点などで速度を落とさずにカーブするいわゆる「ドリフト族」のチームのメンバーで、現場付近でパトカーを見つけたため、逃げるためにスピードを出したということです。また、車の前の部分のナンバーを取り外したうえ、顔をマスクで隠して走行していました。坂本容疑者は容疑を認めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
確定申告する人は必読!税務調査で調査官を論破&勝利したギャンブラー
覚醒剤の「素」の液体隠し持っていた疑いで男逮捕、国内で初摘発
敷地外でタバコ吸ったら45分は立入禁止 北陸先端大のルールに「いい取り組み」vs「意味がわからない」
「誰だ、上野駅で粗相したのは...」 相次いだツイッター報告をJR東に聞いた
結局「働き方改革」で何がどう変わり我々の仕事はどうなるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加