案外希少!? 鯖のような模様の「サバトラ」猫写真を集めてみた

案外希少!? 鯖のような模様の「サバトラ」猫写真を集めてみた

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/25
No image

きりっとしたサバトラ。顔立ちが整っててサバトラだとクールでイケメンっぽい(2014年1月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10)

さて気まぐれに続いた「ネコの柄」シリーズもそろそろ終わりが近いかも。

お題は「サバトラ」。キジトラ、チャトラに続くトラシリーズの第3弾。グレーと白のトラ柄で、いうまでもなく「鯖」の模様に似てるからである。

チャトラやキジトラより出会うことが少ないので私的には希少だ。

冒頭写真がそう。きれいなサバトラ。でも顔だけだとわかりづらいので全身写真を。

お次はサビとサバトラ。サビ猫じゃなくて単に階段がサビてただけなんだけど。

No image

鞆の浦で出会ったサビた階段とサバトラ。この階段、最近リニューアルされてきれいになりました。今はきれいな階段で昼寝してるのだろうか(2014年1月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10)

サバトラが難しいのは無彩色であるということ。

白や灰色って色がついてないので光の色に左右されやすいのだ。夕日を浴びてれば少し赤っぽくなるので、「チャトラのようにも見える」写真になっちゃう(夕日は色温度が低いから)。

これなんかサバトラ(のはず)なんだけど、ほんのりと夕日が入っているので顔のあたりは少し色がついて見える。

No image

日陰な上に背景がちょっと暗いのでよりクールに(2014年1月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10)

逆に日陰では少し青っぽくなるので、キジトラを撮っても「これ、もしかしたらサバトラだった?」となる(日陰は色温度が高いから)し、サバトラは少し青白く写るからよりクールでサバっぽくなる。

サバというかホワイトタイガーっぽくてカッコいい。

このあたりはカメラのオートホワイトバランスのクセもあるので一概にはいえないけど、サバトラをサバっぽく撮るなら、日陰や曇天下を狙え、ですな。

なんかどっちも写真的には地味になりそうだけど、サバトラがサバっぽく撮れる方が大事。

No image

もうひとつ鞆の浦から。このときはサバトラに多くであったのだ。車の下にいてもサバトラはクール(2014年1月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10)

車の下も日陰なのでサバトラ向き。

口元になんかついてるけど、草むらで遊んだあとなんだろう。

サバトラかどうかを見極めるのは難しい

ここまでは数年前に鞆の浦で出会ったサバトラ。

ここからは関東編。

No image

サバトラというよりサバシロだが、トラ部分のサバっぷりが見事な美猫でした。飼い猫だからかすごく人なつこくて撫でさせてくれるレベルでした(2015年10月 オリンパス OM-D E-M1)

首にスカーフ巻いてたので飼い猫だろう。きれいなサバトラ。いや、チャシロやキジシロの例にならうと、サバシロか。背中と頭と尻尾はサバ。見事なサバ色だ。

日陰なのできれいに青白い。日陰の青白さってちょっと補正することが多いのだけど、サバトラの時は別。その方がクールっぽくていい。

こちらはその1年前に撮った同じネコ。

No image

背景が黒いと白系の猫は引き立つ(2014年7月 オリンパス OM-D E-M1)

地面すれすれで狙ってたら自転車が走ってきたので、タイミングを見計らって撮ったのだが、ちょっとタイミングが早くてボツにしたのだけど、これはこれで面白いかなと思って復活。

と、誰が見てもサバトラってのはいいんだけど、街で出会う猫っていろんな模様の猫が混ざってるので、判断に困ることも多い。

普段は適当に済ませてるのだけど、ネコの柄シリーズなんて銘打ったからには何らかの結論を出さないとねってな感じなわけで、個人的見解でサバトラってことにしちゃえなネコを最後に何匹か。

まずは玄関前で寝てたネコ。

No image

門の隙間から顔を出してくれたサバトラっぽい子。このあと隙間をすり抜けて門の外へ来て撫でられてくれました。狭い隙間を抜けるのはネコの得意技(2016年6月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)

目が合ったので呼んでみたら、とことことやってきて、門の隙間から顔を出してくれた。

キジトラっぽくはあるけど、でも茶色と言うよりはグレーだよね、このネコ。

もうひとつすごく色が薄くて薄サバトラっぽいけど、よく見るとちょっと茶色も混じってるようでわからないのだが、それ以上に人なつこすぎて撮るのに苦労したネコ。

No image

このときはじめて、ああ自撮り対応のコンデジってこうしてネコを撮るときに使えるじゃん、と思ったのでありました。身体をぐいと捻りつつ撮るので大変だけど(2014年12月 キヤノン Powershot G7 X)

これ、右手でアゴを撫でながら、左手にカメラを持ち、モニターをひっくり返して自撮りの要領で撮ってるのだ。

デジカメの自撮りモードなんて使わないと思っていたけど、実はこういうときにあると便利なのである。

最後はもっと微妙なヤツ。

No image

首輪をしていたので多分飼い猫。遠くでくつろいでたのを望遠で撮ろうと思ったら、いきなりとことこと近づいてきたのでちょっと慌てながら撮ったのでありました。いろんな色が混じってるけど、顔がサバトラっぽいので(2017年6月 富士フイルム X-T2)

足は茶色と白だけど、顔はグレーと白っぽい。

でも顔はユニークで可愛いので、サバトラ部門に入れさせて貰いました。

サバトラ……もっと出会いたい猫の筆頭であります。

■Amazon.co.jpで購入

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
骨折の原因はこれ→「保険屋さんに提出した書類」に書かれた内容が笑えると話題に!
【10/24は文鳥の日♪】カワイイからクスッまで。文鳥たちの、たくさんの魅力を集めました...♡ 10枚
小5の娘が開発した「カーペット遊び」が天才的に面白いw
こんにちは、ちょっと近くに来たから寄ってみたの。予期せぬ訪問者にとろけてしまう写真集
黒猫が尻尾をふりふりしてるぅー! クロネコヤマトの不在票を使ったスリットアニメーションがスゴイ!!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加