「実況なしでサッカーを見てくれ」...ロシアで珍事、判定に激怒した実況が途中退席

「実況なしでサッカーを見てくれ」...ロシアで珍事、判定に激怒した実況が途中退席

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/10/12
No image

ロシア3部で珍事が発生した [写真]=Getty Images

ロシアで試合中にコメンテーターが判定に激怒して、退席するという珍事があった。11日付のイギリスメディア『BBC』が報じている。

珍事が起きたのは、6日に行われたロシア3部リーグの西地区に所属するトルペド・ウラジミールとテクスチリシク・イヴァノヴォの試合でのこと。1-1で迎えた後半途中、イヴァノヴォのGKアレクセイ・スミルノフが、相手選手をペナルティエリア内で倒してしまった。しかし主審はエリアの外だったとし、ウラジミールにFKを与えた。この試合で実況を務めていたウラジミール・ニコルスキー氏は、この時点でかなり興奮気味だったものの、事態はさらに悪化。

このFKで入れられた鋭いクロスを、イヴァノヴォのDFがクリア。この際、ボールが明らかに手に当たっているように見えたが、主審は“プレーオン”のジェスチャーをし、ニコルスキー氏は大激怒。「ロシアサッカーへの恥辱だ」などと約2分間にわたり主審を激しく非難した後、「実況なしでサッカーを見てくれ」と言い残して退席してしまった。試合は1-1のまま終了している。

ロシアの地方リーグのルールでは、実況者はホームチームが用意することが義務付けられている。実況を務めていたニコルスキー氏はウラジミールに雇われているため、このようなことが起きてしまったようだ。

試合後、ニコルスキー氏はロシアメディア『RT』に対し「自分のチームが傷つけられているのを見て、感情的になってしまった」と話した。さらに、審判を激しく非難しながらも、罵らなかったことに誇りを持っていること、クラブから謝罪をするよう要求されていないことを明かしており、やったことに後悔はないと語っている。

(記事/Footmedia)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベルギー代表の新マスコット発表...“イケメンキャラ”が46%の支持を得る
ムヒタリアンは香川と同じ道をたどる!? 英紙が懸念「シンジと全ての面が似ている」
プレミア&セリエA首位クラブが激突!シティのペップ「面白い試合になると確信している」
「ケインが無理ならアイツだ!」C・ロナウドがペレス会長に薦めたのはマンUの...
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加