営業車の事故削減をサポートする自動安全コンサルティング機能

営業車の事故削減をサポートする自動安全コンサルティング機能

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/11/30
No image

パイオニアはカーナビゲーションシステムを車両情報通信端末として使用する業務用車両向けのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に「自動安全コンサルティング」を11月30日から提供する事を発表した。

同社の業務用カーナビなどのディスプレイ端末を車両情報通信端末として活用する「ビークルアシスト」の機能として提供されるもので、業務用車両へ導入することで、安全運転を管理して事故の削減をサポートするものとなっている。

自動安全コンサルティングは「ドライバールール」と「管理者ルール」の2点で構成されている。ドライバールールは、カーナビなどの車載機が急ブレーキや急加速、速度超過を検知するとドライバーに警告を行う。

管理者ルールは、車載機が危険挙動を検知した際にメールを管理者に自動発信し、その日のうちに管理者がドライバーに指導を行う。毎月の危険挙動運転回数を平均値と比較して、指導が必要な対象者を自動で抽出し、指導ポイントなどを完結に表示することが可能となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
OECD学力調査 日本、科学と数学は1位
20人で購入した宝くじが477億円に!メンバーのお金の使い方や今後の過ごし方がカッコいい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加