Snapのカメラ付きメガネSpecacles、Q2の売り上げは35%ダウン

Snapのカメラ付きメガネSpecacles、Q2の売り上げは35%ダウン

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/08/11
No image

Snapのカメラ付けサングラスSpectaclesは、必須アイテムというより一時のきまぐれだったことが証明されそうだ。Snapは低調なQ2決算報告後の電話会見で、「その他」の売上が540万ドルだったことを明らかにした。これは130ドル程度で売られているSpectacles4万1500個分ほどに相当する。Q1のその他の売上が830万ドル(約6万4000個)だったのと比較すると約35%のダウンになる。

最近Snapは、SpectaclesをAmazonおよび、Harrodsを始めとする小売店で販売を開始したが、これらの売上はQ3になるまで決算に反映されない。またSnapは去る6月からオンラインストアとSnapbot自販機を通じてヨーロッパでもSpectaclesを売り始めた。これは、4万1500という数字がこうした販路拡大を反映したもので、米国内の売上はさらに落ちている可能性があることを意味している。

No image

再び関心を呼び戻すために、Snapは抜本的に改訂されたAR対応Spectaclesバージョン2を作るか、別のカメラを売る必要がある。最近同社は、中国の自撮りドローンメーカー、Zero Roboticsを1500~2000万ドルで買収した。情報筋によると契約は完了している。しかし、ポケットに入るカメラにはほかにも可能性がある。例えば360度カメラだ。

Snapはどうやってこの窮地を脱することができるのか? 本誌が作ったこのリスト:Snapchatを変える8つの方法をご覧あれ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook )

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホの音楽をカーステレオで再生できるBluetooth FMトランスミッター。現時点の最強はこの子じゃないかな
スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 話題のヨーグルトメーカーや、1,000円でお釣りがくる電気スタンド・スマホ関連グッズなどが登場
月額1980円がスタンダードに!UQ mobile vs Y!mobile本当にお得なのはどっち?
スマホをゲームボーイにする魔法のカバー「SmartBoy」が、ついに発売!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加