「ががばば」が復活! 久慈暁子アナが主演「世にも奇妙な物語」

「ががばば」が復活! 久慈暁子アナが主演「世にも奇妙な物語」

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/10/13
No image

「世にも奇妙な物語'17秋の特別編」(C)フジテレビ

もっと画像を見る
岩田剛典、吉岡里帆、中山美穂、藤原竜也…と、今回も豪華俳優陣が主演する作品がラインナップされている「世にも奇妙な物語 '17秋の特別編」。この度、「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編・映画監督編~」で短編作品として放送されたエピソード「ががばば」が復活。続きのエピソードを描く「ががばば新章」として前後編2本を放送することが明らかになった。

2015年秋、絶対に検索してはいけない言葉として話題沸騰となった「ががばば」。「ががばば」で検索すると世にも恐ろしい恐怖映像が流れるとのことで、ネット上で大きな反響を呼び、急遽「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編・映画監督編~」においてエピソード「ががばば」が短編作品として放送された。

また、前作の「ががばば」で、消えてしまった女子高生の2人のうちの一人、外村沙織を演じていたのは、フジテレビ入社前の久慈暁子アナウンサー。今年4月に入社した久慈アナは、現在「めざましテレビ」にレギュラー出演。今回その久慈アナが、「ががばば新章」に“本人役”として主演する。

■ストーリー

フジテレビを訪れる男。その目的は2年前に“ががばば”という言葉を検索した後、行方不明になっている外村沙織のことを久慈暁子アナウンサーに聞くためだった。というのも、久慈は行方不明になった外村沙織にうりふたつ!  男が外村沙織のことや“ががばば”のことを尋ねると「やめてください!」と言って逃げ出してしまう久慈。男は取り押さえようとする警備員を押しのけ、待っていたハイエースに乗り込む。するとそこには、外村沙織の友だちだったエリ(伊藤沙莉)と多香子(藤松祥子)、そしてなぜか刑事が待っており…。久慈の正体は外村沙織なのか? それとも他人のそら似なのか? もしも久慈が外村沙織だとしたら、名前を変えてフジテレビアナウンサーとなったその目的とは…?

■久慈暁子アナウンサーからコメント到着

今回の出演に関して久慈アナは、「大変光栄に思います。顔合わせをしたとき、スタッフさんもキャストの皆さんも2年前と全く同じ方ばかりでまた同じチームでお仕事ができることがうれしかったです」と喜び、「怖いものや場所が苦手なのですが、スタッフさんともキャストさんとも笑いの絶えない現場になりました」と撮影をふり返る。また見どころについては「2年前の“ががばば”の女子高生・外村沙織が私と同一人物!? 想像を超えるエンディングにご期待ください!」とメッセージ。

そして、脚本・演出・プロデュースの後藤庸介は、「もはや虚構ではありません! フジテレビ新人アナウンサー久慈暁子は、かつて、行方不明になった女子高生・外村沙織だったのです。その謎に迫ったあるジャーナリスト(行方不明)の持ち物の中から動画を発見したので、皆様にお見せしようと思います。閲覧注意・自己責任でお願いします。絶対にあの言葉を検索してはならない…」とコメントを寄せている。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 '17秋の特別編」は10月14日(土)21時~フジテレビにて放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
濱田龍臣主演で人気コミック「モブサイコ100」が待望の実写ドラマ化! VFXを駆使した超能力バトルがさく裂する!!
「モブサイコ100」実写ドラマ化!濱田龍臣主演で超能力バトル
元SMAP 72時間特番の内容判明!“あの有名人”の生電話も
『モブサイコ100』実写ドラマ化 濱田龍臣主演×坂本浩一監督『ウルトラマンジード』コンビ
『モブサイコ100』濱田龍臣主演で実写ドラマ化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加