巨人、6年連続阪神戦勝ち越し 九回に追いつくドローで

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16

「阪神2-2巨人」(14日、甲子園球場)

巨人が終盤に追いつく引き分けで、阪神戦6年連続の勝ち越しを決めた。

初回に先発・菅野が大山に先制の2点適時打を許し劣勢の展開が続いたが、2点を追う八回。1死一、二塁から陽岱鋼が中前適時打を放ち1点を返すと、九回には2死一、二塁で長野の左前適時打で試合を振り出しに戻した。

延長での一本こそ出なかったが、高橋監督は「負けなかったところを良しとする部分もある」と評価した。1ゲーム差に離した4位・DeNAとは16日から直接対決2連戦。村田ヘッドコーチは「2連勝目指して、まずはあさって勝つつもりで」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
早実・清宮がプロ志望表明「より高いレベルでプレーしたい」複数球団の1位指名確実
ホークス柳田抹消 CSピンチ 右腹斜筋・肋間筋損傷 全治3週間
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加