仙台奥埜「少しでも幸せになれたら」誕生日前祝い弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15

<明治安田生命J1:仙台1-0広島>◇第22節◇13日◇ユアスタ

ベガルタ仙台MF奥埜博亮(27)が、8試合ぶりに勝ち点3をもたらした。サンフレッチェ広島に勝利したのは、14年5月以来3季ぶり。6月4日のホーム甲府戦以来となる勝利を、サポーターに届けた。

0-0で迎えた後半6分。FW西村が右足で強烈なシュートをペナルティーエリア手前中央から放った。広島GK中林がかき出したが、こぼれ球を奥埜が冷静に左足で詰めた。「あういうシーンは何が起こるか分からない。なるべく詰めることを意識している」。ストライカーの高い予測能力が、8試合ぶりの先制ゴールを生み出した。その後は攻守のバランスを保ちながら、主導権を渡さなかった。

奥埜は14日に28歳の誕生日を迎える。1日早く“誕生日弾”を決めた。試合後、報道陣から祝福の言葉を掛けられ、「少しでも幸せになれたらいい。試合に勝つことも自分のゴールも。もっといいことが起こるような1年にしたい」と抱負を語った。

3月18日のアウェー柏戦以来、18戦ぶりのゴールだ。ホームでは15年10月横浜戦以来の得点となった。「ホームでも取れていない意識があった。次につなげたい」と量産を目指す。久しぶりの勝利でチームは順位を1つ上げて、12位に浮上した。「サポーターも勝ちが欲しいというのは感じ取っていた。(サポーターなど)すべての人がうれしいと思う」と安堵(あんど)した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
G大阪8位転落...長谷川監督「諦めた瞬間に終わり」
C大阪杉本「俺自身出し切った」代表入りへ7戦8発
「あのヘッドが代表選出を左右するかどうか(笑)」...C大阪FW杉本、人事を尽くして天命を待つ
【J1採点&寸評】浦和 2-1 FC東京|圧巻2ゴールの興梠がMOM! 逆にFC東京攻撃陣は...
鹿島が首位キープ、上位では川崎Fと柏も勝利。浦和は興梠2発で連勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加