稲葉ジャパン、いざ初陣!今季覚醒した西武の新4番「山川が軸」

稲葉ジャパン、いざ初陣!今季覚醒した西武の新4番「山川が軸」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/13

野球日本代表「侍ジャパン」は12日、稲葉篤紀監督(45)の初陣となる「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ」(11月16日開幕)の出場メンバーを発表した。日韓台3カ国の24歳以下(U-24)の若手中心で争う大会は、2020年東京五輪を見据えた重要な位置づけとなる。必勝を期す指揮官は、オーバーエージ(OA)枠で今季覚醒した西武・山川穂高内野手(25)を招集し、中軸に指名した。

2020年東京五輪へ向けての大事な初陣。稲葉監督は会見で、球界一ホットな大砲をチームの“顔”に指名した。

「中軸は調子をみながらになるが、山川は西武でも今季途中から4番を打っていますし、軸を打ってもらいたいな、という願いはあります」

指揮官の熱い期待を受けたのは、西武の強力打線において8月後半から「新4番」として大ブレークした山川だ。富士大時代に3度、大学日本代表などの経験があるが、“トップチーム”での代表入りはプロ4年目で初。「選んでいただきとても光栄。(日本代表は)テレビでしか見たことがないし、別世界のよう」と初々しく話した。

今季前半は不振で約2カ月の2軍調整を強いられたが、8月に自身初の月間MVPを受賞するなど、西武の2位躍進に貢献。78試合の出場で打率・298、23本塁打、61打点の成績を残し「自分の武器である長打が外国のチーム相手にどれだけ通用するのか、チャレンジしていきたい」と、やる気満々。明るいキャラクターも魅力で「オーバーエージ枠での選出なので、若い選手をしっかりと引っ張っていく気持ちで戦いたい」と、年長者としての自覚も十分だ。

東京五輪の侍ジャパンは、2020年7月の開幕時点で31歳の柳田(ソフトバンク)、28歳の筒香(DeNA)、山田(ヤクルト)らが中軸を担う候補。3人らは今回の大会は不在だ。「チャンスがあれば全力で(代表入りを)狙いたい」と山川。レオの主砲から日本の主砲へ-。その第一歩を踏み出す。 (花里雄太)

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

日本、韓国、台湾のプロ野球団体がアジア球界発展のため新設した国際大会。代表メンバーはオーバーエージ3人を除き24歳以下または入団3年目以下と若手を中心に選出される。今後は4年ごとに開催予定。賞金は優勝2000万円、準優勝500万円。日本戦のチケットはローソンチケット、イープラス、チケットぴあで販売中。内野自由席A(2階席、2200円)、同B(同、1800円)、外野指定席(3000円)のほかダイヤモンドボックス席(バックネット裏上部、2万円)などがある。

大会レギュレーション

参加資格は24歳以下(1993年1月1日以降生まれ)、または入団3年以内で、OA枠は各国3人まで。全試合指名打者制で、NPB統一球を使用。九回を終えて同点の場合は十回の攻撃は無死一、二塁、継続打順から始まるタイブレーク制を採用する。

No image

会見した稲葉監督(左)は、打の主軸に山川を指名した。右は韓国・宣銅烈監督、中央はチャイニーズタイペイ・洪一中監督 (撮影・荒木孝雄)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人の「誠意」V3功労者村田を自由契約にしたワケ
甲子園は雨 阪神園芸9時集合も手を付けられず
清宮は行くな!? 巨人&阪神「お先真っ暗」内部事情
DeNA・筒香、抜かりなし!大一番に悲壮決意「思いを背負って戦いたい」
“外れ外れ1位左腕”が躍進、高卒右腕は連敗ストッパーに...各球団ドラ1の成績は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加