「シーツを血まみれにするのだけはやめてほしい...」民泊代行業者が明かす仰天トラブル

「シーツを血まみれにするのだけはやめてほしい...」民泊代行業者が明かす仰天トラブル

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/05/19

大城戸氏が運用代行する部屋の一例。内装コーディネートも代行して行い、ホテルのような内観で他者と差別化を図る
 これまで『週刊SPA!』でもたびたび取り上げてきた民泊ビジネス。昨年、民泊サービスを仲介するサイト「Airbnb」で日本に宿泊する外国人観光客は300万人を超えたといい、利用者はもちろん民泊を前提とした部屋数も大都市を中心に右肩上がりで増え続けているという。

 違法とみなされる事例も多々

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加