上田まりえアナも応援 夫・竹内大助も好投、トヨタ自動車が5度目のV

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12

「野球・社会人日本選手権・決勝、トヨタ自動車3-1日本生命」(12日、京セラドーム大阪)

トヨタ自動車の竹内大助投手が両軍無得点の五回、2死一、二塁で登板し、八番・古川を二ゴロに抑えてチームのピンチを救った。

背番号21の左腕は、先発・小出の後を受けて2番手でマウンドに上がった。1回無失点だった10日の東芝戦に続く今大会2度目の登板も、無失点に抑えた。

竹内は2017年2月に元日本テレビアナウンサーの上田まりえと結婚している。

トヨタ自動車は直後の六回の攻撃で、ロッテにドラフト2位指名された藤岡裕大内野手の送りバントなどで2死一、二塁の好機をつくると、6番・河合が左越えに2点適時打を放ち、先制に成功した。

上田も「勝負の色」というタイトルで自身のブログを更新し、トヨタ自動車のチームカラーである赤で統一したファッションや応援グッズを披露。京セラドームのスタンドでチームと夫を応援している姿をアップ。チームも3年ぶり5度目の優勝を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
”神スイング”稲村亜美 始球式コンプリートまであと2球団
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加