SMAP中居正広のハングリー精神を生んだ赤貧少年期の秘話とは!?

SMAP中居正広のハングリー精神を生んだ赤貧少年期の秘話とは!?

  • アサジョ
  • 更新日:2016/11/30
No image

今でこそ日本を代表するスーパースターのSMAP中居正広だが、幼少期は決して裕福ではなかったという。中居をよく知るアイドル誌ライターはこう語る。

「4畳と3畳半くらいの2間のアパートに家族5人で住んでいたそうです。当然お風呂はなし。風呂に入れるのは週2回で、夏は学校の授業でプールがあると、日曜日だけに。お父さんは仕事から帰ると『仕事の現場にはプールはないんだから、風呂に入らせろ』と嘆き、水のシャワーを浴びたそうです。冬はブルブル震えながら浴びていたと中居が明かしています」

赤貧エピソードはこれだけではない。吉野家の牛丼ですら高すぎて食べたことがなく、たまに行くのが大手ハンバーガーチェーン。ドリンクのMサイズを頼むと、親から体をつねられたとか。バームクーヘンは友だちの家でしか食べられず、一般家庭でカルピスを飲んだとき、あまりの濃厚さに衝撃を受けたと告白している。

「洋服も教科書もほぼ全てがお下がり。2人の兄から引き継がれた教科書は、年々改訂されてページ数が異なっているため、先生が『○×ページを開きなさい』と言っても、中居だけは違うので、毎年恥をかいていたそうです」(前出・アイドル誌ライター)

食事はおかずが少なかったため、中居は兄とおいしい白米の食べ方を考えたというから泣かせる。試行錯誤の末にたどり着いた答えは、白いごはんにバター、しょう油を混ぜるバターライス。時には、チューブのわさびに酢をかけた、わさびごはんのときもあったそうだ。何もないときは水をかけただけの、水かけごはんを口にすることも珍しくなかったという。

今ではウン億円プレイヤーになった中居。時おり垣間見えるハングリー精神は、間違いなく幼いころに育まれたものだろう。

(北村ともこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小分けされているから取引先でも喜ばれるお歳暮!相場以内で購入できる厳選お菓子7選
日本の「中華料理」と「中国料理」の違いは?―中国メディア
【検証】松屋の新メニュー「鶏と白菜のクリームシチュー定食」に大論争 / どう考えても “みそ汁” が必要ないらしいので実際に食べてみた
ちょっと信じられない組み合わせ!でも美味しいおかしなお菓子
知らないと恥ずかしい!?上野の甘味処「みはし」で絶対外さない絶品甘味3選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加