キャサリン妃、つわりを乗り越え公務に復帰!

キャサリン妃、つわりを乗り越え公務に復帰!

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/10/11
No image

キャサリン妃-(C)Getty Images

もっと画像を見る

先月、ケンジントン宮殿からキャサリン妃が第3子を妊娠中であることが発表された。その後、ジョージ王子、シャーロット王女を妊娠していたときと同様、ひどいつわりに苦しみ公務を休んでいたキャサリン妃。妊娠発表から約1か月の後の今月10日(現地時間)、公務復帰を果たした。

No image

毎年10月10日は、「世界メンタルヘルスデイ」に制定されている国際デイ。そこで、メンタルヘルスに関わる仕事に従事している人たちや、ウィリアム王子、ヘンリー王子、キャサリン妃が先頭に立って行っているメンタルヘルスの啓発運動「ヘッズ・トゥギャザー・キャンペーン」をサポートしている人たちを称えるためのイベントが、バッキンガム宮殿で開かれたという。

キャサリン妃が公に姿を見せるのは、8月の終わりにダイアナ妃の没後20年記念でケンジントン宮殿の記念庭園を訪れて以来のこと。「People」誌によると、キャサリン妃の側近が「キャサリン妃の体調はだいぶ良くなってきてはいますが、いまだ悪阻でつらいようです。しかし、今夜はこのイベントに参加することができて喜んでいます」と語ったという。

No image

「テンパリー・ロンドン」の水色のレースのドレスに身を包んだキャサリン妃のお腹は、わずかながらふくらみが見られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中! オーダーしたのは日本人!?
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕
3Dプリンターで製作の橋が開通 オランダ
“獣姦専門の売春宿”に動物愛護団体が激怒
北朝鮮の高官“核は米国以外 標的にせず”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加