楽天・梨田監督“コンニャク打法”実践 4年目・内田に熱血指導

楽天・梨田監督“コンニャク打法”実践 4年目・内田に熱血指導

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

近鉄時代の梨田監督=79年10月

楽天の梨田昌孝監督(64)が12日、倉敷秋季キャンプで4年目の・内田靖人内野手(22)の前で“コンニャク打法”を実践した。

内田のフリー打撃を見ていた梨田監督が自ら打席に入り、体をクネクネさせる往年の打法でスイング、身ぶり手ぶりで模範を示した。就任2年目だが、打席に入っての指導は非常に珍しい。

コンニャク打法そのものを伝授したわけではないという。「テークバックする時、2度引きするクセがある。本人は気付いてないみたいだったから。タイミングさえ合えば、遠くに飛ばす力は持っているんだから。何かつかんでくれれば」と指導の内容を明かした。

内田は今季18本塁打、66打点でイースタン・リーグの2冠王。和製大砲の出現が待たれるだけに、梨田監督の内田に寄せる期待は相当なものだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
能力生かさにゃ!阪神・矢野2軍監督、フリー7発の藤谷に二刀流させる
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
43歳草なぎ剛、スポーツ能力測定で22歳を上回る
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加