そして刺繍は新時代へ。粘土と組み合わせて立体感を出した3D刺繍

そして刺繍は新時代へ。粘土と組み合わせて立体感を出した3D刺繍

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/12
No image

布地にチクチクと色とりどりの糸を縫い付けていく刺繍は昔ながらの伝統手芸だ。だが手芸だって進化する。時代は3D、立体化へと導かれつつある。

ポーランド、シュチェチン在住の刺繍アーティスト、Justyna Wolodkiewiczは、ポリマー樹脂の粘土を利用して刺繍を新たなる領域へと昇華させた。

刺繍と一緒に埋め込まれる粘土が立体感を醸し出し、これまでにない立体刺繍ができあがった。

No image

image credit:Instagram

1.

No image

2.

No image

image credit:Instagram

3.

No image

image credit:Instagram

4.

No image

image credit:Instagram

5.

No image

image credit:Instagram

6.

No image

image credit:Instagram

7.

No image

image credit:Instagram

8.

No image

image credit:Instagram

9.

No image

image credit:Instagram

10.

No image

image credit:Instagram

11.

No image

image credit:Instagram

12.

No image

image credit:Instagram

13.

No image

image credit:Instagram

14.

No image

image credit:Instagram

15.

No image

image credit:Instagram

via:dyt/Instagram・translated by どくきのこ / edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケンダル・ジェンナー、ジゼル・ブンチェンを抜いて世界で最も稼ぐモデルに!
婚約解消のR・パティンソンに早くも謎の恋人?
K・ジェンナーがG・ブンチェンから「世界で最も稼いだモデル」の座を奪う!
シンディ・クロフォード、ハロウィン仮装がまるでドラッグクイーン!
古い毛布が1億6千万円に...貧困男性の人生が変わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加