インスタ映えするオブジェは必見!ミネソタ州のアートスポット5選

インスタ映えするオブジェは必見!ミネソタ州のアートスポット5選

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2017/12/06
No image

インスタ映えするオブジェは必見!ミネソタ州のアートスポット5選

ミネソタは地ビールが有名ですが、それだけではありません!アート系も意外と楽しめるスポットがいっぱい!無料なのに見応え十分な「ミネアポリス美術館」、ミシシッピ川を望む絶景が魅力の「ガスリー・シアター」、奇抜な現代アートだらけ!「ウォーカー・アート・センター」、かの有名なミュージシャン"プリンス"の博物館「ペイズリー・パーク」、海や川にまつわる絵画を楽しめる「ミネソタ海洋美術館」をご紹介いたします。

見応えたっぷり!「ミネアポリス美術館」

No image

写真:高野 祥

数多くの展示物を無料で鑑賞できる「ミネアポリス美術館(Minneapolis Institute of Art)」は、ミネアポリスへ訪れる際に必ず押さえておきたい観光スポット。中心街から車で5分程度なので、比較的アクセスしやすいのも嬉しいポイント。

No image

写真:高野 祥

「ミネアポリス美術館」はアメリカ中西部最大の規模。アメリカを始めとするアジアやアフリカ、ヨーロッパなどの美術品や4万年前の工芸品などが多数展示されており、非常に見応えたっぷりな施設。レストランやカフェも館内にあるので、じっくり見学・滞在できます。

No image

写真:高野 祥

マネやセザンヌ、ゴッホなどといった偉大な画家達の絵画も展示されているので、絵画好きな方は要チェック!「ミネアポリス美術館」の詳しい記事は、下記MEMO欄リンクからご覧下さい。

<ミネアポリス美術館の基本情報>
住所:2400 3rd Ave S, Minneapolis, MN 55404
電話番号:+1 612-870-3000
開館時間:火・水・土 10:00~17:00、木・金 10:00~21:00、日 11:00~17:00
休館日:月曜。その他の日は公式サイトをご参照ください。

絶景も楽しめるオシャレ劇場「ガスリー・シアター」

No image

写真:高野 祥

「ガスリー・シアター (Guthrie Theater)」は、1963年に設立された歴史ある劇場。主に演劇が上演されています。ダウンタウン・イースト地区にある今の建物は、フランス人建築家であるジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)氏がデザインし、2006年にオープンしました。非常にユニークな外観も見もの!

No image

写真:高野 祥

「ガスリー・シアター」館内には、レストランやバー、展望エリアもあり、単に演劇を鑑賞するだけではなく、様々な楽しみ方があるのも特徴。窓自体がブルーやイエローのフロアがあり、非現実的な色に包まれた空間で、すぐ裏手に流れるミシシッピ川の景色を堪能することができます。

No image

写真:高野 祥

すぐ隣の「ゴールド・メダル・パーク」やミシシッピ川の流れ、「ストーン・アーチ橋」などが相まった、とても素敵なミネアポリスの絶景を眺めることができます。

<ガスリー・シアターの基本情報>
住所:818 South 2nd Street Minneapolis, MN 55415
電話番号:+1 612-377-2224
開館時間:月 8:00~20:00、火~日 8:00~23:00 (演目が無い日は20:00まで)

インスタ映えする現代アートだらけ!「ウォーカー・アート・センター」

No image

写真:高野 祥

ミネアポリス「ウォーカー・アート・センター(Walker Art Center)」は、現代アートに特化した美術館。程よい広さなのでサクッと見て回れるのが特徴。すぐ横の「スカルプチャー・ガーデン(Sculpture Garden)」にもインスタ映えする独創的なオブジェが沢山あるので、そちらも要チェック!

No image

写真:高野 祥

「ウォーカー・アート・センター」館内は、白を基調とした部屋が大半で、空間の"余白"や"向き"などを考慮した展示方法が特徴。作品ひとつひとつに集中して鑑賞することが出来ます。

No image

写真:高野 祥

テラスからはミネアポリスのビル群が望めるので、是非とも立ち寄りたいスポット。「ウォーカー・アート・センター」の詳しい記事は、下記MEMO欄リンクからご覧下さい。

<ウォーカー・アート・センターの基本情報>
住所:725 Vineland Place, Minneapolis, MN 55403
電話番号:+1 612-375-7600
営業時間:火・水・日 11:00~17:00、木 11:00~21:00、金・土 11:00~18:00
休館日:月曜
入館料:大人15ドル、62歳以上13ドル、学生10ドル、0~18歳無料
毎週木曜17:00~19:00は無料。毎月最初の土曜は無料。

プリンスのファン垂涎!「ペイズリー・パーク」

No image

写真:Paisley Park

ミネアポリス中心街から車で約35分、チャンハッセン市に位置する「ペイズリー・パーク(Paisley Park)」は、アメリカのミュージシャン"プリンス"が生前使用していた自宅兼スタジオ。彼の死後、2016年10月から一般公開が開始され、ファンの間では聖地となっているスポットです。

No image

写真:Paisley Park

館内には、プリンスが着ていたステージ衣装やマイクスタンドなども多数展示されており見応え十分。特に、第57回アカデミー賞の歌曲・編曲賞や、第27回グラミー賞最優秀映画・TV作曲賞を受賞した楽曲「Purple Rain」に関する展示が一際目立っています。

No image

写真:Paisley Park

実際に使用されていたレコーディングスタジオなども見学することが可能。非常に広い敷地に驚かされます。

<ペイズリー・パークの基本情報>
住所:7801 Audubon Rd, Chanhassen, MN 55317
開館時間:月・木・金 10:00~19:00、土 9:00~19:00、日 10:00~17:00
休館日:火・水曜、サンクスギビングデー、クリスマス

一般チケット 46ドル (所要時間1時間10分)
VIPチケット 111.75ドル (ツアーガイド付き 所要時間1時間40分)
その他、所要時間3時間のアルティメットエクスペリエンスチケット (171.75ドル)などもあります。詳しくは公式サイトをご参照ください。

カントリーサイドにある「ミネソタ海洋美術館」

No image

写真:高野 祥

「ミネソタ海洋美術館(Minnesota Marine Art Museum)」はミネソタ州の双子都市セントポール・ミネアポリスから車で約2時間、ミシシッピ川の流れに沿って南東方向へ進んだ先にある、ウィノナ(Winona)と呼ばれる地域にあります。「ミネソタ海洋美術館」のすぐ裏手にはミシシッピ川が流れており、川を渡った先はウィスコンシン州。

No image

写真:高野 祥

「ミネソタ海洋美術館」は、その名の通り、海や川などにまつわる美術品を鑑賞する事が出来る施設。絵画が多いですが、写真などもいくつか展示されています。

No image

写真:高野 祥

イカの展示物は、ミネソタ大学芸術学部で准教授を務める中島隆太氏による作品。巨大なイカの絵とオブジェは、館内でも一際目立っています。また、カラフルにペイントされたイカの彫刻も見ものです。

<ミネソタ海洋美術館の基本情報>
住所:800 Riverview Dr, Winona, MN 55987
電話番号:+1 507-474-6626
開館時間:火~日 10:00~17:00
休館日:月曜
入館料:大人7ドル、学生3ドル(火曜は無料)、4歳以下は無料

アートを楽しむミネソタ旅

旅行といえば、グルメやショッピング、絶景スポット巡りが主流ですが、美術館や博物館、街なかのアート作品を鑑賞しに行くのも、新たな発見があって面白いですよ。アメリカは無料で見学できるスポットも多々あるので、普段アートに関心がない方も、芸術に触れてみてはいかがでしょうか。

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA

関連MEMO

ミネソタ「ミネアポリス美術館」は無料!ユニークな展示物がいっぱい!

ミネアポリスで現代アートを楽しむ「ウォーカー・アート・センター」

ガスリー・シアター

ペイズリー・パーク

ミネソタ海洋美術館

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【これはヒドイ】中国の航空会社で “CAが機内食をつまみ食い” する姿が激撮 → 停職処分に / その後、信じられない動機が発覚
「和式便器は金隠し側を後ろに座るのが正解」Twitterで拡散 TOTOに聞いて真偽を確かめてみた
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
眞子さまも知らない小室圭さん母の“金銭トラブル”
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加