広島・田中が16打席ぶりの安打 好相性の左腕田口から2安打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15

「広島2-9巨人」(11日、マツダスタジアム)

広島の田中広輔内野手が4試合、16打席ぶりの快音を響かせた。

初回、田口の変化球をはじき返し、左中間へ二塁打。八回には、快足を飛ばして一塁内野安打を奪うなど存在感を示した。

今季は試合前までで左腕・田口に対して打率5割と好相性。この日も4打数2安打をマークした。

「なかなか打てていなかったんですけど、相性がよかったので積極的にいきました。またあした切り替えて頑張ります」と次戦に目を向けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
広陵・中村の新記録、NHKニュースで中継できず...
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加