広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家が“生きる意味”問う

広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家が“生きる意味”問う

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

生きる希望失った少女役に

女優の広瀬すずが、2018年1月から日本テレビ系でスタートする新水曜ドラマ「anone(仮題)」に主演することがわかった。広瀬にとって、10代最後の連続ドラマ主演。「Mother」「Woman」の脚本家・坂元裕二水田伸生監督らスタッフ陣が結集し、見る者に“生きる意味”を問いかける物語を紡ぐ。

ドラマは、家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失った少女が、1人の老齢の女と出会うところから始まる。あざむかれ、裏切られ、信じる心をなくした2人だが、やがて何かを感じ合い、女は少女をかくまう。そしてある事件が発生し、“ニセモノ”だった2人が“真実”の人間愛を見つけていく。

広瀬は主演にあたり、「坂元裕二さん脚本の『Mother』『Woman』がもともと大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです」と期待に胸躍らせる。10代最後の連ドラとなるが、「10代は少女といわれる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います」と真摯に明かし、「初めて連ドラの主演をやらせていただいたのが16歳で、日本テレビ(『学校のカイダン』)だったので、そのご縁がすごくうれしくて、今回も大切に演じられたらいいなと思います」と述べている。

No image

さらに「Mother」「Woman」にも出演し、坂元作品に欠かせない存在ともいえる女優・田中裕子も参加。「『Mother』『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。おふたりのエネルギーに『めまい』するような作品になると思います。ついていきたいです」とコメントを寄せた。プロデューサーの次屋尚氏は、広瀬に対し「さまざまな役を演じてきた広瀬さんですが、10代最後の主演ドラマとなる今回は、彼女の持っている魅力のすべて、いやそれ以上、広瀬すずのすべてをこの作品に捧げて頂きます」と語り、田中に対し「これまでと同じように、作品に安心感と重厚感をもたらせて頂くとともに、広瀬すずとの異色の組み合わせで新たな閃光が放たれる作品になるに違いありません」と自信をみなぎらせている。

「anone(仮題)」は、18年1月から日本テレビ系で毎週水曜午後10時放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
石橋貴明の「マジギレぶり」に、視聴者ドン引き!?
『久保みねヒャダ』元旦に3カ月ぶり地上波復活! 年末イベントの模様を放送
新SMAP「新しい地図」、強力な“助っ人”の登場で一気に露出度高める可能性! 業界注目のしたたか戦略とは?
月9『民衆の敵』大爆死の篠原涼子が“聖夜に公開処刑”の危機! フジテレビと「絶縁」へ!?
ガッキーに有村架純も...人気女優「意外な料理上手ぶり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加