「大怪我につながりかねない危険なプレー」鳥栖DF小林祐三が甲府FWドゥドゥに謝罪

「大怪我につながりかねない危険なプレー」鳥栖DF小林祐三が甲府FWドゥドゥに謝罪

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

[9.16 J1第26節 鳥栖2-1甲府 ベアスタ]

J1第26節が16日に開催され、サガン鳥栖はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦し、2-1で勝利を収めた。この試合で甲府FWドゥドゥを危険なタックルで止めてしまった鳥栖DF小林祐三が、自身のツイッター(@Yuzo Kobayashi‏)で謝罪の言葉を述べている。

該当のシーンは甲府の1点リードで迎えた後半5分。相手のPA手前でクリアボールに反応した小林はトラップが大きくなり、ドゥドゥにボールを奪われる。その直後、突破を阻止しようと小林が出した右の足裏がドゥドゥの右足に入ってしまった。

小林にはイエローカードが提示され、ドゥドゥは苦悶の表情を浮かべて起き上がれなくなったが、大事には至らずにプレー再開。小林はこの場面について「大怪我につながりかねない、危険なプレーでした」と振り返り、「ヴァンフォーレ甲府の関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

また、「ドゥドゥ選手には試合後にロッカーで謝罪させていただきました」と明かし、「最後は笑顔で握手してくれました」と、わだかまりなく健闘を称え合ったことも報告。小林は最後に「うまくなってあんなミスしないようになります」と決意を新たにしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第26節1日目 スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4度目の“ジャイキリ”なるか...J1大宮に挑む筑波大「我慢強く戦いたい」
長崎の高田社長、チーム好調要因「メンタルが大事」
大分MF前田凌佑、左足負傷で全治約6週間...今季J2で15試合出場
【鹿島の深層|石井正忠×岩政大樹#2】舌を巻いたオリヴェイラの見極め。「優勝争いのポイント」を知っていた
鄭大世 天皇杯の川崎F戦で実戦復帰へ!指揮官が起用を明言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加