リーグ連覇へ広島の優勝マジックは『1』!

リーグ連覇へ広島の優勝マジックは『1』!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/15
No image

DeNAに勝利し、喜ぶ新井(左から3人目)ら広島ナイン。優勝へのマジックは「1」となった=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES

○ 広島 5 - 4 DeNA ●
<23回戦 マツダ>

首位・広島がDeNAに5-4で勝利し、優勝マジックを『1』にした。

優勝マジック『2』で迎えた広島は2回、4番の松山竜平が右中間スタンドに突き刺す13号ソロ、バティスタのタイムリーで2点を先制。同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、先制弾を放った松山の打撃に「これを一発で仕留めた松山は、素晴らしいとしかいいようがない」と絶賛した。

続く3回に先発・ジョンソンがロペスに2点タイムリー、宮崎敏郎の犠飛で逆転を許したが、その裏、松山のタイムリーで同点。4回にバティスタの第10号ソロで勝ち越しに成功。

広島は7回に再び同点に追いつかれたが、8回に一死満塁からバティスタの犠飛で勝ち越し。1点リードの最終回は守護神・中崎翔太が守り切り、5-4で勝利した。

この時点で優勝マジック『1』。甲子園球場で行われていた2位・阪神-3位・巨人の一戦の結果を待ったが、阪神が引き分けたため、広島のリーグ優勝は16日以降に持ち越しとなった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
清宮が「世界」で通用しなかった理由
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加