C大阪、敵地韓国で劇的勝利。水沼宏太決勝ゴールで日本勢唯一のACL白星発進

C大阪、敵地韓国で劇的勝利。水沼宏太決勝ゴールで日本勢唯一のACL白星発進

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/15
No image

セレッソ大阪、水沼宏太が劇的決勝点【写真:Getty Images】

【済州ユナイテッド 0-1 セレッソ大阪 ACLグループステージ第1節】

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節の試合が14日に行われ、セレッソ大阪はアウェイで韓国の済州ユナイテッドと対戦した。

昨季はJ1でACL出場圏内の3位の成績を残したのに加え、天皇杯で優勝したことでグループステージからの出場権を獲得したC大阪。4年ぶりとなるアジアの舞台での初戦は、昨季Kリーグ2位の済州とのアウェイゲームとなった。

J1王者川崎フロンターレを下して今季初タイトルを獲得した富士ゼロックス・スーパーカップからは先発を2人変更。山下達也と山村和也に代わって、木本恭生とソウザが先発に入る。

前半から積極的にゴールに迫る形を作り出したC大阪は、水沼宏太のループシュートなどで決定的を迎える場面もあったが決められず。前半はスコアレスで折り返す。

後半にも清武弘嗣の強烈なシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、優位に試合を進めるC大阪だが無得点のまま時間は経過。そのままドローで試合を終えるかに見えた。

だが後半アディショナルタイム、攻め続けた姿勢が実を結ぶ。交代出場の高木俊幸がエリア内でボールを受けてシュートを試み、こぼれたボールに対して済州のGKとDFが対応ミス。そのチャンスを逃さなかった水沼が値千金の決勝ゴールを押し込み、C大阪は敵地から勝ち点3を持ち帰ることに成功した。

【得点者】
90+3分 0-1 水沼宏太(C大阪)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本橋、後輩に感謝の涙〔五輪・カーリング〕
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
川崎F知念「自信につながった」果敢に攻めて存在感
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
「嘉人さんみたいにゴールを」川崎F知念慶、1トップで開幕J初スタメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加