中国を訪れた日本人は「降りる駅や空港を間違えたのか」と勘違いするらしい=中国メディア

中国を訪れた日本人は「降りる駅や空港を間違えたのか」と勘違いするらしい=中国メディア

  • サーチナ
  • 更新日:2018/07/12
No image

中国を訪れた日本人は「降りる駅や空港を間違えたのか」と勘違いするらしい=中国メディア

中国は世界的に見て観光大国と言えるだろう。世界観光機関によれば、中国を訪れる外国人客の数は世界的に見ても上位の水準となっている。「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、話で聞いているのと実際に体験するのでは大きな違いがあるが、これは中国でも同様と言えるようだ。

中国メディアの快資訊は9日、中国を訪れた日本人は「降りる駅や空港を間違えたのか」と勘違いしてしまうほど、「現実の中国は想像と違っていた」ことに驚くと伝えている。

記事はまず、中国南部の都市である広州市を初めて訪れた日本人は「まるでアフリカに来たかのようだ」と感じるほど、アフリカ人がたくさん住んでいること紹介。「アフリカに来たのかと勘違いするほどである」と紹介また、北部の都市である黒龍江省ハルビンにはロシア人が非常に多く、「ロシアに来ているかのような錯覚を起こす」と紹介した。

さらに、北京や上海、深セン、成都といった大都市では民度も高まりつつあり、マナーを守る人が増えていて、治安も非常に良いということに日本人は驚くと紹介。広い国土と長い歴史を持つ中国は地域ごとに異なった特徴があり、経済成長が続く中国は想像以上に国際化が進んでいて、さまざまな人種の人が集る国であることを紹介した。

大都市では非常に発達した中国の姿を見ることができるが、内陸部に行けば古き良き中国が残っていることを実感することができる。中国を訪れる機会があれば、地域ごとの特色を楽しんでみるのも面白いかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京ディズニーランドに蚊がいない理由とは?=中国ネット「上海ディズニーは蚊が多い」「香港ディズニーで足中を蚊にさされた」
交渉上手な中国に騙されたと後悔するインドネシアー高速鉄道の完成は大統領選に間に合わない
中国が西日本豪雨被害に2480万円の見舞金、日本のネットユーザーはなんとこんなコメントを残していた―中国メディア
日本人と中国人と韓国人、「行動」を見れば欧米人でも見分けることができるらしい=中国
農家が掘り出した第2次大戦期の日本軍の補給箱、開けて感嘆「日本人はすごい」=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加