スマホに貼り付けて使えるボタン「Air Button」! Kickstarterの人気プロダクトが日本正規輸入に向けて資金調達開始

スマホに貼り付けて使えるボタン「Air Button」! Kickstarterの人気プロダクトが日本正規輸入に向けて資金調達開始

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/12/09
No image

Androidのスマホに貼り付けて使えるボタン「Air Button」が、クラウドファンディングサイトkibidangoに登場した。Kickstarterでプロジェクト達成し、話題となった本品。日本への正規輸入をめざし、あらためて国内で、資金調達を開始した。

・ワンプッシュでさまざまな機能を同時起動

No image

「Air Button」は、バッテリー不要のタッチボタン。NFC技術を利用するので、ごくわずかな電力の消費で済む。

これをスマホの背面に貼って、アプリで設定をしておけば、ワンプッシュであらゆる機能を起動することができる。電話やサイレントモード、Wifiのオン/オフ、お気に入りのアプリの起動など、さまざまな機能を、タッチスクリーンに触れることなく、素早く実行する。

・組み合わせは無限大!

No image

複数の機能を掛け合わせ、ワンプッシュで同時に起動させることも可能。例えば、夜道で不審者に遭遇してしまったときや、何かトラブルに巻き込まれたときを想定してみよう。この場合の組み合わせは、緊急電話番号の登録×フラッシュライト×アラーム音。スクロールせずに、緊急連絡先へ電話をかけられる他、フラッシュライトを光らせたり、大きなアラーム音を鳴らすこともできる。

大事な会議の際、電話やメールの着信音を鳴らさないようにするなら、サイレントモード×通話転送×録音機能がベスト。一瞬でサイレントモードに切替えつつ、通話転送や録音機能などを、同時にオンできるようになる。これは、ほんの一例。ユーザーのアイディア次第で、さまざまな使い方ができるのも、本品の利点だ。

出資額は、1680円から。受け付けは、12月24日まで。プロジェクトが成立すれば、2019年2月中旬より、順次出荷される。

Air Button/kibidango

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
きっとみんなもやっている。位置情報が追跡されちゃう5つの行動
PayPay、セキュリティコード入力に上限設定、情報流出はしていない
10GB RAM搭載したOnePlus 6Tのマクラーレン・エディション登場
iPhoneではブルーライトカットができるって知ってます?
1インチの立方体に充電ケーブル、保存用メモリ、スマホ用スタンド、LEDライトなどを装備したマルチアイテム「WonderCube Pro」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加