日本ハム大渕スカウト、選手獲得へ2ー6ー2の法則

日本ハム大渕スカウト、選手獲得へ2ー6ー2の法則

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

大渕スカウトディレクター(左)、有原(中央)、山田正雄GM(右)(2014年11月17日撮影)

プロアマ合同の野球指導者講習会が13日、東京・代々木で行われ、日本ハム大渕隆スカウト部長(47)がシンポジウム「野球指導の基本と選手育成」のパネリストとして参加した。

スカウトとしてどんな選手を取るかについて「良い選手より伸びる選手を取ります。伸びしろのある選手。伸びる選手というのは自分で考えられる選手。そういう選手は普段の生活においても1人で生きていける。人として成長できれば野球もきっとうまくなる」と話した。

さらに「2ー6ー2の法則」を披露。「最初の2は天才。何をやってもできる選手。最後の2はプロとして厳しい選手。真ん中の6は変化が期待できる選手。ここの選手をいかに伸ばすか」と話した。

また春季キャンプの練習メニューを披露。4時間程度で練習が終わることについて「いかに肉体的、精神的に余力を残してあげられるか。ユニホームを泥だらけにしてヘトヘトになるまで練習するのはナンセンス。課題解決能力という装置をいかに入れ込めるか。その装置にスイッチが入れば自分からいくらでも練習する。本人たちが納得する疲れならいい」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮が1軍キャンプ内定!日本ハム高卒新人野手では中田以来10年ぶり
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
地元のスーパースター・イチローを中日が本格調査
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
ソフトB岩崎もう1頂 パ初3ハードル越える 2年連続の最優秀中継ぎ&防御率1点台&70試合登板 「もう1年やって超一流」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加