最新ランキングをチェックしよう
犬の脾臓の腫瘍について 種類や症状、早期発見方法など

犬の脾臓の腫瘍について 種類や症状、早期発見方法など

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/02/16

犬の脾臓の腫瘍とは

脾臓(ひぞう)は胃の下にある内臓で、主に古い赤血球の選別や、免疫機能に役立つリンパ球を作り出す役割をしています。普段は骨髄が血液細胞を生成していますが、この骨髄がうまく血液細胞を作れないと脾臓がその役割を果たすことがあります。そのため、脾臓は非常に血管が多く、なおかつ損傷しやすい臓器とされています。

犬の脾臓の腫瘍は、この臓器や血管に腫瘍(しこり)や血腫(血のかたまり)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
近江ナイン、甲子園の土集めながら「あいつ半端ないって」
BAD HOP、武道館でワンマンライブ決定 解散説を一蹴
10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に
高1少女の「裸の動画」をLINEで拡散 高校生たちの残酷な遊戯に警察が警鐘
【感動】光を失った犬が、手術で回復!再びその目で家族を見たときの反応に涙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加