最新ランキングをチェックしよう
犬の脾臓の腫瘍について 種類や症状、早期発見方法など

犬の脾臓の腫瘍について 種類や症状、早期発見方法など

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/02/16

犬の脾臓の腫瘍とは

脾臓(ひぞう)は胃の下にある内臓で、主に古い赤血球の選別や、免疫機能に役立つリンパ球を作り出す役割をしています。普段は骨髄が血液細胞を生成していますが、この骨髄がうまく血液細胞を作れないと脾臓がその役割を果たすことがあります。そのため、脾臓は非常に血管が多く、なおかつ損傷しやすい臓器とされています。

犬の脾臓の腫瘍は、この臓器や血管に腫瘍(しこり)や血腫(血のかたまり)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
IMFが公表した日本の財政「衝撃レポート」の中身を分析する
石田ゆり子が“大開脚秘部見え写真”を公開!こんなに大胆でいいの!?
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加