故郷の子どもたちのために...アトレティコ守護神の知られざる一面

故郷の子どもたちのために...アトレティコ守護神の知られざる一面

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

世界を代表するGKのひとりに成長したオブラク。慈善活動にも積極的だ。(C)Getty Images

2015-16シーズンから2年連続でサモーラ賞(リーガ・エスパニョーラの最優秀GK)に輝くなど、いまや世界屈指の守護神に成長したアトレティコ・マドリーのヤン・オブラク。今シーズンも14試合で7失点と、首位バルセロナと並ぶリーグ最少失点に貢献している。

そのスロベニア代表GKは、ピッチ外の次善活動にも熱心に積極的に取り組んでいる。

そんな彼がアンバサダーを務める財団『プレイヤープロモーションエージェンシー』が進めているプロジェクトが、「Color Your Playground」だ。スポーツ場や公園など「遊ぶ場所」を整備することで、子どもたちが集まる場を提供し、健やかに成長できる環境づくりを目指しているのだ。

その活動の一環として、10月には、オブラクがサッカーを始めた故郷シュコーフィア・ロカにあるヤラ・ヤネジッチ小学校である取り組みが行なわれた。

ストリートアーティストであるネナド・シズルの協力を得て、バスケットボールのコートとサッカー場の壁にカラフルなイラストを描くという試みだ。

ヤラ・ヤネジッチ小学校の特別支援学級の生徒約150人が参加し、イラストを描く活動を通して満面の笑顔を見せた。

ちなみに、オブラクの両親がメンバーを務める『シュコーフィア・ロカ共生協会』(特別支援学級の生徒が安心して通学できるようサポートする団体)もこのプロジェクトに関わっている。

『プレイヤープロモーションエージェンシー』の設立者であるマリンカ・ムラーカーさんは、このプロジェクトについて次のように話している。

「私たちの活動の源は、子どもたちの笑顔。それを見るだけで、報われた気分です」

「Color Your Playground」はヨーロッパ各地で進められており、今後は世界展開も視野に入れているという。ピッチ上はもちろん、オブラクのピッチ外の活躍にも注目したいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「敗者は日本」「恥をかかされた」 韓国紙が男女ともE-1制覇を逃した日本を酷評
悪い予感が的中...今野「嫌な感じがずっとあった」
パチューカ、開催国王者下しクラブW杯最高成績の3位! 本田圭佑は出番なし
岡崎慎司は先発起用すべき? レスター惨敗で英紙「シーズン最悪の敗北」
レスター、クリスタル・パレスに敗れ5連勝ならず...岡崎は後半途中から出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加