維新幹部が民進・希望の統一会派構想を批判 「先祖返り」「数合わせは本末転倒」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/12

日本維新の会の遠藤敬国対委員長は12日午後の記者会見で、民進党と希望の党の統一会派構想を批判した。憲法や安全保障に関し、希望の党が民進党と大きく異なる衆院選公約を掲げたことを念頭に「民進党への先祖返りだ」と語った。

遠藤氏は「立憲民主党がエッジを効かせていることに民進党も希望もやきもきしているのではないか。野党第一党を奪い取るためにひっつくことが優先されるのなら本末転倒だ」と強調した。その上で「選挙での約束を守ることが大事だ。われわれは国民から『小さな政党だが頑張っている』と思われるように精進したい」と皮肉を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
深刻化するサイバー攻撃 政府が新たな戦略策定へ
北海道沖で超巨大地震!? 専門家が400年前の津波被害を検証
社長にレイプされた男子学生が勇気の告白! 中国でも広がる「♯Me Too」の輪
朝のラッシュ時の電車遅延...多い路線とその理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加