服は脱いでクロークに! ヌーディストレストラン開店

服は脱いでクロークに! ヌーディストレストラン開店

  • OVO
  • 更新日:2017/11/13
No image

イメージ

エスカルゴやフォアグラの前菜、ホタテや仔羊のメイン。美食大国フランスの新店なら行ってみたい、かもしれないが、パリ12区に開店したレストランはちょっと特別だ。試してみたい?ならば、レセプションのクロークで服を全部脱ぎましょう。ここはヌーディストレストラン「オー・ナチュレル」です!

パリ初のヌーディストレストランを開いたのは、保険業界から転職した40代の双子の兄弟、ステファンとマイク。店は厚いカーテンで仕切られ、椅子には衛生上問題が出ないよう、毎回交換する椅子カバー。厨房やサービスのスタッフだけは着衣だ。

鴨のフォラグラ、りんごと梨のチャツネ、ごま油風味などの前菜に、鶏のブレゼ、トリュフ風味、クレームブリュレのデザートなど、“ガストロノミック”な食事が、39~49ユーロで楽しめる。ヌーディストたちには菜食主義者も多いため、べジタリアンメニューもあるし、もちろんワインリストもそろっている。

法律的には、「外に見えず、厨房内ではきちんと着衣している」という2点のみが制限事項。地元の反対はなく、観光客も含めて、自然回帰、ヌーディズムに賛同する人なら誰もが心地よく過ごせる店にしたい、とのこと。周囲への配慮もあり、店は夕食時間帯の19時半からのみ。ホームページ経由で予約もできるし、日本語の説明も掲載されているから、趣旨に賛同しトライしたい、という方はぜひ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
30分待つ甲斐あり!東京ロビーのふっくら「鉄鍋パンケーキ」が週1で通いたいほど絶品だった
辻希美の母のハンバーガー店『Ciel Amour』 開店から数ヶ月後に行った結果...
【有能すぎ】安くデカ盛りとんかつを食いたいならここへ行け! 東京・馬喰町「はしや」のさりげない超コスパぶりにシビれた!!
東京の「超ド級濃厚トンコツラーメン」はどれくらいの破壊力なのか / 福岡県民が食べてみた!
【道の駅大賞2017】発表!道の駅ランキング人気TOP10~関東編~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加