Windows 10ミニTips 第401回 新しいMicrosoft Edgeを日本語UIで使う

Windows 10ミニTips 第401回 新しいMicrosoft Edgeを日本語UIで使う

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/07/19
No image

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○「Langurages」ページで日本語を選択する

エンジンをEdgeHTMLからChromiumに置き換えた新Microsoft Edgeだが、Devチャンネル(バージョン77.0.211.3: 執筆時点)、Canaryチャネル(バージョン77.0.218.0: 同)でUIの日本語化が加わった。ただし、どちらのチャンネルをインストールしても現時点では英語UIになるため、日本語UIに切り替える手順を紹介しよう。なお、新Microsoft EdgeはこちらのWebサイトからダウンロード可能だ。

なお、Languragesページはアドレスバーに「edge://settings/languages」と入力して「Enter」キーを押して開くこともできる。

一部では2020年前半リリース予定のWindows 10 20H1で標準Webブラウザーになるという噂もあり、ようやく一般ユーザーがインストールしてよい段階に足を踏み入れつつある。

現在Google Chromeをお使いの方は、Chromeウェブストアから拡張機能を新Microsoft Edgeにインストールし、好みのブラウジング環境の構築を試してほしい。

阿久津良和(Cactus)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インテル製NVMe M.2 SSDの1TBモデルが1万円割れの特価
日本メーカーのケータイ「eTalk」が米国上陸! ニューヨークで買った
小さくても性能は十分!仕事もしっかりこなしてくれるウルトラモバイルPC5選
コスパ最高のスマートバンド「HUAWEI Band 3」レビュー - 6,588円でマルチスポーツ対応、睡眠モニターも搭載
Core i9-9900K搭載パソコンも安い、8月17日に24時間限定セール開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加