受賞作の上映も! “第39回PFF in 京都”が今週末スタート

受賞作の上映も! “第39回PFF in 京都”が今週末スタート

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2017/10/17
No image

“PFF(ぴあフィルムフェスティバル)”は、世界最大級の自主映画コンペ“PFFアワード”をメインプログラムに据えている映画祭。今年は548作品の応募作から審査を経て残った17本の入選作が、先ごろ、東京国立近代美術館フィルムセンターで上映され、清原惟監督の『わたしたちの家』がグランプリに選ばれた。

京都会場では入選作17作品をすべて上映。プログラムによっては監督も来場し、観客の投票で“京都賞”が決定する。また、アワード受賞監督による企画コンペから誕生したPFFスカラシップ作品『サイモンとタダタカシ』の上映や、鈴木卓爾監督と矢口監督による映画制作プロジェクト“ワンピース”のプログラムも開催される。

さらに京都だけの特別プログラムとして、14日(土)には名作『狂い咲きサンダーロード』が上映され、17日(火)と18日(水)には大阪を拠点に活動する大力拓哉&三浦崇志監督の作品を上映。大力監督と三浦監督が両日とも来場する予定だ。

第39回PFF in 京都
10月14日(土)から20日(金)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スパイダーマン:ホームカミング」BD/DVD12月発売、3000セット限定BOXも
2018年でいよいよファイナル!「アナとエルサのフローズンファンタジー」【東京ディズニーランド】
上白石萌歌、舞台「続・時をかける少女」に主演
「スパイダーマン:ホームカミング」BOXに村田雄介描き下ろしポスター
Da-iCEの主題歌も!実写ドラマ「花にけだもの」映像初公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加