家庭料理から宮廷料理まで! タイ料理を極めるレシピ本

家庭料理から宮廷料理まで! タイ料理を極めるレシピ本

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/01/14
No image

『タイ料理大全』(味澤ペンシー、ヴィチアン・リアムテッド、ナルナート・スクサワン/誠文堂新光社)

タイの家庭料理から宮廷料理まで、厳選した100レシピを紹介する『タイ料理大全』が2018年1月10日(水)に発売された。

世界三大スープの一つに数えられる「トムヤム・クン」をはじめ、辛味、酸味、甘味にハーブやスパイスの香りが絡み合い、複雑で個性的な味わいを持つタイ料理。日本のみならず世界の人たちが魅了されている。

同書は、タイで広く食べられている家庭料理や定番料理から宮廷料理まで、日本で再現可能な100の料理を厳選してレシピとともに解説。一般的によく知られているバンコク周辺の料理だけでなく、最近人気を集める東北部のイサーン料理や北部・南部の地方料理も取り上げていく。

No image

「トムヤム・クン」は、中部のココナツミルク入りと、南部のクリアスープの2種類が載っている。また、東北部発祥の青パパイヤのサラダ「ソムタム」は、中部で食べられる一般的なものに加え、カニの塩漬け入りのものやカノムチン(米麺の一種)入りのタイプも紹介。

北部のハーブ入りソーセージ「サイウア」や東北部の発酵ソーセージ「ネーム」、米入りソーセージ「サイコーク・イサーン」などのレシピも。特徴ある各地方料理を知ることで、タイ料理の魅力を再発見できるはず。

No image

タイ料理の歴史や北部・東北部・南部の各地方料理、バンコクの外食事情からタイのコーヒー事情やアルコール事情などに関する読み物も充実している。食材や調味料、発酵食品の情報にカービングや飾り切り、フルーツの食べ方からワインのマリアージュまでプロの料理人も参考になる情報が目白押し。普段の料理と一味違うタイの味覚を味わってみてはいかが?

No image

味澤ペンシー
タイ料理研究家。株式会社スパイスロードカルチャー部門タイ料理教室講師。株式会社スパイスロード料理顧問。1967年、タイ南部のソンクラー生まれ。料理専門学校(バンコクのプラナコーン タイ カレッジ)に進む。在学中、タイ全土のカービングコンテストで2位に輝き、頭角を現す。タイ有名ホテルなどでの修行を経て、1992年、結婚を機に来日。株式会社スパイスロードに入社。1997年にタイ料理教室を開講。タイ料理研究家としてテレビをはじめさまざまな媒体に登場。百貨店催事出店時のコーデネィトなどマルチに活躍する。日本にタイ料理を広めた第一人者。著書多数。

ヴィチアン・リアムテッド
「サイアムヘリテイジ東京店」料理長。1970年、タイ北部のペチャブン県生まれ。バンコクの有名レストランなどでの経験を経て2009年に来日、株式会社スパイスロードに入社。2013年6月より現職。

ナルナート・スクサワン
「サイアムセラドン銀座店」料理長。1961年、バンコク生まれ。有名ホテルやレストランでの経験を経て2009年に来日、株式会社スパイスロードに入社。2013年6月より現職。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上海に爆増する無人コンビニ、急成長の裏に日本のノウハウ
専門店も急増!おかゆが今、注目される理由
Bean to Bar体験ブースも! 毎年話題のサロン・デュ・ショコラに行ってきた!
らしさ全開!ほっともっとの恵方巻は“のり弁”をイメージした「のり弁巻」など
ダイエット中でも心おきなく食べられる! 「糖質オフ麺」って知ってる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加