リンジー・ローハンらに米当局が「ステマ」追及、セレブ21人調査

リンジー・ローハンらに米当局が「ステマ」追及、セレブ21人調査

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/09/16
No image

9月13日、米連邦取引員会は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさん(写真)ら有名人21人に対して、写真共有アプリのインスタグラムにおける商品掲載で、何らかの報酬を得た事実がないかどうか問い合わせる書簡を送った。仏アンティーブで5月撮影 - (2017年 ロイター/Stephane Mahe)

[サンフランシスコ/ワシントン 13日 ロイター] - 米連邦取引員会(FTC)は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさんら有名人21人に対して、写真共有アプリのインスタグラムにおける商品掲載で、何らかの報酬を得た事実がないかどうか問い合わせる書簡を送った。

フェイスブック<FB.O>傘下のインスタグラムでは近年、有名人が宣伝行為だと明言せずに特定の商品やサービスを評価する、いわゆるステルスマーケティング(ステマ)が急増。ソーシャルメディア上に多数のフォロワーを抱えるこうした「インフルエンサー」の行動に当局が強い関心を寄せていることが分かる。

書簡は6日付で、有名人が好意的に紹介した商品やサービスの販売元と「実質的なつながり」があったかどうか30日までに回答するよう求めている。

FTCは5月にも企業や有名人宛てに、ソーシャルメディア上で報酬を得て宣伝をしていることをきちんとフォロワーに伝えるよう通知した。ただ当時は啓発的な性格だったが、今回は警告の意味合いがあり、今後もステマを繰り返す人には制裁金を科す可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アジア一の富豪に中国「恒大集団」会長 不動産事業で資産5兆円
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
ツーリズムEXPOジャパン タイ国政府観光庁「乃木坂46」グラフィックデザイン・ブース
「東京=物価高い」はもう過去? 「世界最安の旅行先」と英国で評判のワケ
ツーリズムEXPOジャパン ミャンマーホテル観光大臣 アジアの二大遺跡めぐるツアー実現に向け注力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加