巨人・宮本コーチ 直江に“肉まん投法”ススメ「汚いフォームでもいい」

巨人・宮本コーチ 直江に“肉まん投法”ススメ「汚いフォームでもいい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/17
No image

巨人・直江

巨人の宮本和知投手チーフコーチ(55)が16日、高卒1年目の直江に“肉まん投法”のススメを説いた。直江は14日に行われたソフトバンクとの練習試合(サンマリン)で2回4失点。首脳陣の期待に応えられず、反省の言葉を口にしていた。

そんな右腕に同コーチは「きれいなフォームで、きれいなボールを投げるのは求めていない。汚いフォームでもいい」とアドバイス。アウトを取れるボールを投げること、投手としての原点に立ち返る重要さを力説した。

ズバリ、投球のイメージは肉まんだ。「きれいに一つ一つ丁寧に、おやきを作る感じじゃない。肉まんになればいい」。焼き餅などとも呼ばれる右腕の出身地・長野県の郷土料理を引き合いに出して説明した。

求めるのは繊細さより、思いきりの良さだ。小ぎれいにまとまらずとも、不格好でも中身が伴えば良い。この日、ブルペンで71球を投じた直江。宮本コーチのユニークな助言を受け、いつもよりのびのびと投げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
右打者の構えで左打席に入ってホームラン 曲芸のようなバッティングが話題沸騰
張本氏、モーグル女子選手に「うら若い女性が...何が面白いのか」発言で炎上 “セクハラ”の指摘も
愛甲猛が明かす根本陸夫と星野仙一の人心掌握術「選手を尊敬してた」
石川佳純“黒髪ロング”イメチェンに歓喜の声「断然かわいい!」
安田ら総勢32人に認定証授与 日本女子プロゴルフ協会入会式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加