室井滋が流行語総括...言葉の奥に問題絡み何だか過激

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

室井滋

年末の風物詩、「現代用語の基礎知識選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で発表された。

「神ってる」が年間大賞に選ばれた理由について、選考委員の女優室井滋(58)は「年間大賞が4つもあった2013年を超える豊作の年になるかと思いつつ過ごしてきたが、やはり予想どおり数多くの言葉が生まれた。しかし、あらためて並べてみると、全体的に陽気というよりは、言葉の奥に複雑な問題が絡んでいる印象だ。何だかやけに過激である」と2016年を分析した。

その上で「先行きに少なからずとも不安を抱えている1人として、わたしとしては『(僕の)アモーレ』や『神ってる』のようなホンワカ夢のある新語を応援したいと思う」とした。その一方で、「五輪や芸能・文化面でキラリ光る言葉が目立たなかったせいもあるかも知れない」とも指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
『相棒』の頃から異変が... 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加