星槎道都大が6度目出場で初勝利!左腕・福田11K完封 明治神宮野球大会

星槎道都大が6度目出場で初勝利!左腕・福田11K完封 明治神宮野球大会

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12
No image

11三振を奪い完封勝利を挙げた星槎道都大・福田=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・大学の部・準々決勝、星槎道都大1-0創価大」(12日、神宮球場)

星槎道都大が6度目の出場で大会初勝利。準決勝進出を決めた。

両チーム無得点の六回に相手の暴投で先制。この1点を、プロ注目左腕・福田俊投手(3年・横浜創学館)が4安打完封、11奪三振の快投で守り抜いた。

山本文博監督は「福田の好投に尽きると思う。いい勝負になるとは思っていたが、0点は予想以上」とエースを絶賛。140キロ台のキレのある直球とスライダーなどの変化球もさえた圧巻の内容に「夏から1人で考えて練習するようになった。制球力がついた」と目を細めた。

今年4月に道都大から校名変更。節目の年に飾った初勝利に、指揮官は「新しい歴史を作ろうと選手にも言って来て、作れたのはよかった。全国に名前を広められるようにやっていきたい」と意気込みを新たにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日藤井1500万円増「もう一頑張りしておけば」
中日鈴木750万↑更改「貯金が作れる投手になる」
オリックス吉田正がヘルニア摘出 来春に合流予定
元阪神ドラ2・一二三容疑者を逮捕 NPBへの復帰を目指す中...強制性交の疑いで
大谷翔平が清宮に言及「僕とは真逆」 ハムは「見本になる先輩たくさんいる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加