[NB CHAMPIONSHIP U-16]FW亀山が圧巻4発!横浜創英が市立船橋破り、準決勝進出!

[NB CHAMPIONSHIP U-16]FW亀山が圧巻4発!横浜創英が市立船橋破り、準決勝進出!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

[9.17 NB CHAMPIONSHIP U-16 横浜創英高 5-1 市立船橋高 時之栖うさぎ島A]

全国大会級のU-16大会、「newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017」は大会2日目の17日午後、順位決定トーナメントに突入。予選リーグ各ブロック1位が戦う1stトーナメントの1回戦(準々決勝)で横浜創英高(神奈川)と市立船橋高(千葉)が対戦し、横浜創英がFW亀山陽有の4ゴールの活躍などによって5-1で快勝した。横浜創英は同じく17日に行われる準決勝で昌平高(埼玉)と戦う。

台風18号接近の影響で風雨が強まる中での戦い。横浜創英は悪コンディションの影響によって「創英モデル」のポジショニングと技術力にこだわったサッカーを十分に発揮することはできなかったが、それでも戦う部分で市立船橋に負けず、60分間を戦いきった。

会場に訪れた宮澤崇史監督も評価する勝利。指揮官は「求める所は(きょうの戦いと)違う所にありますけれども、戦うことをベースにウチの『創英モデル』を構築したい。戦いに勝ったことは大きな評価だと思います」と微笑んでいた。

市立船橋はいずれもインターハイに出場したMF畑大雅やMF鷹啄トラビスらが不在だったが、MF伊藤涼也やMF河上駿斗の切り替えの速い守備や球際の攻防での強さで相手に十分な攻撃時間を与えない。

だが、横浜創英は「自分の特長はドリブルやパス」という技巧派レフティー、MF坂岸寛大やMF山下蒼瑠らが上手くパスコースを作りながらボールを繋いで攻撃。そして16分、亀山が獲得した右CKを坂岸が左足で蹴り込むと、「チーム全体で練習していた成果が出て良かった」という亀山が頭でゴールへ沈めて先制した。

市立船橋もインターセプトしたDF野崎輝がそのままドリブルで2人、3人とかわしてPAまで持ち込んだほか、FW鈴木唯人の豪快な突破やセットプレーも交えて反撃。後半開始からはメンバー8人を入れ替えてギアをさらに上げた。

だが、後半9分、横浜創英はCB坂内廉が後方から蹴り込んだFKを亀山が「一回そらそうと思ったんですけど、GKの位置を見たら行けると思ったので打ち込みました」とGKの位置を良く見てのヘディングシュートで決めて2-0と突き放す。市立船橋も13分にCKのこぼれをMF川野航也が粘って繋ぎ、MF小長谷勇樹が左足で追撃ゴール。勢いに乗りかけたが、横浜創英は15分にパス交換から右中間を判断良く縦に仕掛けたMF下田拓夢が右足を振り抜く。このこぼれ球に坂岸が飛び込んで3-1とした。

終盤は5月にCBから転向したというFW亀山の“ショータイム”。26分、前線でのキープから強引に持ち込んで右足で決めると、アディショナルタイムにもDFを弾き飛ばすかのような突進から決めて1試合4得点をマークした。

「創英モデル」の攻撃サッカーを表現するまでには2年、3年を要する。それでも1年生たちは半年間で身につけたものを強敵相手にも表現し、戦う部分で相手に勝った。坂岸は「味方の特長とかも分かってきたので、どう活かすかとか、どうポゼッションするか考えてきた中でのニューバランスだったので良かったです。市船の方が全然格上だったので、自分たちのサッカーができるかどうか分からなかったんですけど、自分たちのサッカーもできて良かったです」と喜んだ。

“格上”を撃破し、次は準決勝。昨年のインターハイ予選で優勝するなど、独特のサッカーによって神奈川で存在感を示している横浜創英の1年生たちの進撃はどこまで続くか。一つでも多くの経験を積んで自信とこれからの成長に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山県10秒00!桐生に続く夢大台へ「スプリント界引っ張る」
日本がワールドカップで勝つためには何が足りないのか 都並敏史さんに聞く
元体操日本代表の田中理恵、第1子妊娠
HKTのWink 運上弘菜&荒巻美咲に栄冠!指原負けても博多に新星
胸の谷間、美脚、鎖骨全開で3連勝!盛り上げた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加