東京為替:豪ドルは80円手前でのもみあい、中国鉱工業生産の予想下振れで

東京為替:豪ドルは80円手前でのもみあい、中国鉱工業生産の予想下振れで

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

豪ドル・円は、心理的な節目の80円手前で推移している。本日11時に発表された中国の経済指標では、9月鉱工業生産が前年比+6.1%と予想の+6.4%を下回ったことで、豪ドル買いは見送りとなっている様子。昨日、80円01銭と節目の80円台を回復したこともあり、豪ドル買いは一服。今後はNY原油価格の動向などに注目か。

ここまでのドル・円の取引レンジは103円65銭から103円95銭、ユーロ・円は113円93銭から114円16銭、ユーロ・ドルは1.0974ドルから1.1000ドルで推移している。

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
大塚家具、広大なフロアに誰もおらず...久美子社長、放逐した父会長時代より業績悪化
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
財力がある「全国自治体ランキング」トップ10 浦安、軽井沢......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加