爆発で比大統領の警護官ら9人けが 訪問予定の前日

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30

フィリピンのミンダナオ島で、ドゥテルテ大統領の警護官らが乗った車列が走行中、爆発物が爆発し、9人がけがをしました。

爆発があったのは、ドゥテルテ大統領の訪問を翌日に控えた29日のミンダナオ島、マラウィ市です。現地には大統領の警護官や兵士らが入っていて、その車列が走行中に起きました。一部のメディアは爆発の後、銃撃もあったと報じています。この爆発で、警護官7人と兵士2人の合わせて9人がけがをして、うち2人は重体だということです。ドゥテルテ大統領は予定通りマラウィ市を訪問する予定で、「爆発があった同じ場所を通るつもりだ」と話しています。犯行声明などは出ていません。フィリピンでは28日、マニラにあるアメリカ大使館近くで手製の爆弾が見つかっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人口減少は本当に経済を衰退させるのか?
トルコで2回の爆発 死者少なくとも13人
犬が一緒じゃなきゃ働けない。そこで・・・退役軍人と介護犬を一緒に雇ったアメリカの企業。その対応に称賛の嵐
反日政治では韓国を養えない
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加