ジャイアンツ、大谷に仰天起用プラン!先発1番手&300〜400打数

ジャイアンツ、大谷に仰天起用プラン!先発1番手&300〜400打数

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/06

【ロサンゼルス4日(日本時間5日)】ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す日本ハム・大谷翔平投手(23)が、ロサンゼルス市内でジャイアンツと1番目に直接交渉を行ったとNBCスポーツ(電子版)が報じた。ジ軍のブルース・ボウチー監督(62)は、メジャーで1球も投げていない大谷を「先発1番手」とエースに“指名”。その上で「300-400打数も記録できる可能性を持つ」と投打の二刀流に熱烈ラブコールを送った。

名門復活へのキーマンにする。ジャイアンツの大谷獲得は、低迷するチーム再建の象徴になる。ヤンキースやレッドソックスなど有力候補と考えられていた球団が、招かれなかった直接面談。候補7球団のうちトップバッターはジ軍だった。

「多くの球団幹部をロサンゼルスに送り込んだ。メンバーはフロントの最重要人物たちだ」

ジ軍の地元メディア、NBCスポーツ(電子版)がこう報じた。面談にはラリー・ベア最高経営責任者(60)、ブライアン・セービアン強化担当責任者(61)、ボビー・エバンス・ゼネラルマネジャー(GM、48)、ブルース・ボウチー監督(62)らが同席した。さらには2012年のナ・リーグMVPで主砲のバスター・ポージー捕手(30)も参加した。10年以降の8年間で3度のワールドシリーズ制覇の強豪。だが、今季は30球団ワーストに並ぶ64勝98敗でナ・リーグ西地区最下位。巻き返しの中心として大谷獲得に乗り出した。

「彼は特別な男だ。先発で投げつつ、300-400打数も記録できる可能性を持つ」とボウチー監督。指名打者(DH)制のないナ・リーグだが、ジ軍は投打の才能を高く評価している。

今季、ジ軍は2桁勝利した投手はいなかった。同監督は大谷を先発1番手、いわゆるエースとして起用する構想も披露。この場合、年間30試合に登板し、1試合の打席数を「3」とすると、計90打席。あとは70試合に主に外野で出場し、1試合「4打席」立てば、計280打席。合わせて370打席に達する。大リーグは年間162試合なので、約60試合は休める計算だ。「彼は特別な休みをとるだろう。それで少し負担は軽減する」とボウチー監督は説明した。

実際、大谷は2016年に日本ハムでDHとして350打席に立ち、21試合に登板し、10勝(4敗)をマークした。ナ・リーグでは「守り」が必要で、さらに日本より長い移動距離が強いられ、条件は厳しい。それでもジ軍側は13年に野手として183打席に立った大谷に大きな可能性を示した格好だ。

飛行機で1時間半を要するサンフランシスコがホームのジ軍が、いの一番にロサンゼルスに呼ばれた。大谷がいち早く話を聞きたいという“意中の球団”なのか。その答えは、そう遠くない未来に分かる。

★ジ軍の外野手事情

右翼には主軸を務めるペンス、中堅にはスパンが固定されている。左翼がレギュラー不在で大谷が、守備につく可能性が最も高い。ただ、ジ軍はマーリンズで今季59本塁打で本塁打王になったスタントンのトレード獲得を模索中。スタントンは右翼が定位置で、もしジ軍加入となれば、ペンスが左翼にコンバートされる。現実的には、DH制のないナ・リーグは二刀流実現は困難な状況だ。

No image

大谷はジャイアンツとの面談に臨んだ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京大会「1000億円程度削減可能」IOC幹部が見通し
11・24東京Dで「名球会フェスタ」ハワイで総会
12日に29歳になったDeNA・宮崎「特に祝われてはないですね...。この時期なんで」
大谷に二刀流包囲網!アストロズはカイケルらで対抗
恩師が語るヒーローの高校時代 西勇輝「菰野の後輩たちにとって大きな道標となった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加